医療の断章―病気から見えるもの 医療社会学・医療心理学

医療の断章―病気から見えるもの 医療社会学・医療心理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784567646109
  • NDC分類 490.4
  • Cコード C3047

目次

文化と病気
ミクロ分析としての医者‐患者関係
メゾ分析―社会統制装置としての病院
マクロ分析としての医療化
犯罪と医療
管理社会
「自己愛社会」に向かって
交流分析
医療と心理学
患者の心理
患者に対する心理的援助

著者紹介

武田正樹[タケダマサキ]
1954年和歌山県生まれ。1977年慶應義塾大学文学部社会心理教育学科卒業。現在、静岡産業大学経営学部特任教授。静岡産業大学応用心理学研究センター研究員

藤田依久子[フジタイクコ]
1976年東京都生まれ。2003年学習院大学大学院政治学研究科社会心理学研究室修了。現在、静岡産業大学経営学部・応用心理学研究センター准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)