児童図書館・絵本の部屋<br> スパーキーとスパイク―チャールズ・シュルツとせかいいちゆうめいなイヌのおはなし

個数:
  • ポイントキャンペーン

児童図書館・絵本の部屋
スパーキーとスパイク―チャールズ・シュルツとせかいいちゆうめいなイヌのおはなし

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 40p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784566080713
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

内容説明

スパイクは、しろじにくろいブチがあるイヌ。どんなイヌよりやんちゃでかしこい。50いじょうのことばをしっていて、じかんをせいかくにしらせることだってできる。「スヌーピー」で有名な『ピーナッツ』の作者チャールズ・シュルツ。これは、子ども時代、絵を描くのが大好きで、人気まんがのキャラクターにちなんで「スパーキー」と呼ばれるシュルツ少年と、その愛犬で、スヌーピーのモデルになった「スパイク」のお話です。まんが家を夢見るスパーキーは、愛犬・スパイクの絵を描いて新聞に投稿しますが…。巻末には、本書の絵を手がけたダン・アンドレイアセンが、ファンレターの返事として受け取ったシュルツからの手紙を掲載。自分と同じように絵を描くのが大好きな少年にあてた、真摯な言葉と直筆のサイン、そしてもちろんそこには世界中で愛されている人気者・スヌーピーもいます。

著者等紹介

ロウエル,バーバラ[ロウエル,バーバラ] [Lowell,Barbara]
アメリカの作家。オクラホマ州在住。子どもむけの伝記絵本や歴史絵本をてがける

アンドレイアセン,ダン[アンドレイアセン,ダン] [Andreasen,Dan]
アメリカのイラストレーター、絵本作家。オハイオ州在住。50冊以上の絵本をてがける

ひさやまたいち[ヒサヤマタイチ]
翻訳家。英米の絵本や物語の翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒラP@ehon.gohon

26
絵の背景にスクリーントーンが使われていたり、コマ割の素画が盛り込まれていたり、漫画に寄せる夢がいっぱいの絵本ですが、まさかスヌーピーだとは思いませんでした。 カバーを見たら、ちゃんと書いてありましたね。 こんな感じでスヌーピーは誕生したのでしょうか。 チャールズ・シュルツの物語、漫画スヌーピーとの距離感が面白かったです。2021/09/01

ツキノ

20
2021年7月発行。シュルツ氏の飼い犬スパイクに焦点を当てた伝記絵本。イラストレーターのダン・アンドレイアセンに充てた手紙(1975年7月7日付)が掲載されている。絵に独特の線があり、木でできた人形のように見えてしまう。(E308)2021/12/29

遠い日

9
スヌーピーの生みの親、チャールズ・M・シュルツの子ども時代を紹介するお話。絵を描くのが好きで、6歳にはすでに自分は漫画家になると決めていたシュルツ氏の、飽くなき探究心と一途な鍛錬。キャラクターを作り上げるために努力を惜しまない姿には、それ自体がもう才能であると言わざるを得ません。2021/08/04

刹那

3
世界一有名な犬ってどう言う事かと思ったら、スヌーピーのもとになった犬でした!私もスヌーピー好きです🐾2021/12/04

timeturner

2
昔懐かしいアメリカ漫画みたいな絵だと思ったら、スヌーピーの作者シュルツの子供時代を描いた絵本だった。漫画家志望のスパーキー少年とスヌーピーのモデルになった愛犬スパイクの姿が生き生きと描かれている。この本の絵を描いたダン・アンドレイアセンが子供の頃にシュルツからもらった励ましの手紙が最後に載っていて驚いた。こうしてつながっていくんだね。2022/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18081805

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。