登紀子ばぁばのお料理箱―今、伝えたい「和」のこころ〈3〉和食のお作法

個数:
  • ポイントキャンペーン

登紀子ばぁばのお料理箱―今、伝えたい「和」のこころ〈3〉和食のお作法

  • 鈴木 登紀子【著】
  • 価格 ¥3,300(本体¥3,000)
  • 評論社(2020/02発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 60pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 16時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 40p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784566030695
  • NDC分類 K596
  • Cコード C8777

目次

器は直接手に取っていいものと持たずにいただくものがあります
大きな器に入っているものは食べられる分だけ取り分けます
他にもおはしの使い方には決まりごとがあります
ばぁばに教わる―こんな料理を食べる時は
お店の料理の食べ方
おはしを使う国でも作法はいろいろ―アジアの配膳とはしづかい
ばぁばに教わる料理以外の作法―お茶の飲み方
おかしの食べ方
心地よくすごすための決まりごと―覚えておきたい和室のマナー
昔の人の知恵がいっぱい―料理のことわざ・慣用句〔ほか〕

著者等紹介

鈴木登紀子[スズキトキコ]
日本料理研究家。1924年青森県八戸市生まれ。46歳で料理研究家としてデビュー。以来、現在も料理教室を続けるかたわら、テレビや雑誌などで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。