あなたの知らないアンデルセン<br> 雪だるま

個数:
  • ポイントキャンペーン

あなたの知らないアンデルセン
雪だるま

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 66p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784566021778
  • NDC分類 949.73
  • Cコード C0397

出版社内容情報

…ストーブに恋した雪だるまの、焦がれても焦がれてもかなわぬ思い…多くの女性に心ひかれながら、恋を成就させることができなかったアンデルセン自らの姿を映し出す、傑作短編四編。美しいオリジナル・カラーイラスト全ページ収録。   

内容説明

「身体中が変にきしきしいってる」と雪だるまが言いました。「おれはもう消えたも同然さ。まっぷたつに割れるような気がする!」―ストーヴに恋した雪だるまの、焦がれても焦がれてもかなわない思い…多くの女性に心ひかれながら恋を成就させることができなかったアンデルセン自らの姿を映し出す傑作四編を収録。デンマーク語からの新訳と、美しいイラストレーションの数々で、アンデルセンの“もうひとつの素顔”をお楽しみください。

著者等紹介

アンデルセン,ハンス・クリスチャン[アンデルセン,ハンスクリスチャン][Andersen,Hans Christian]
1805年4月2日、デンマーク、フューン島の小さな町オーデンセに貧しい靴屋の息子として生まれる。14歳のとき、舞台俳優を夢見て首都コペンハーゲンに出たが挫折し、その後、声楽家やバレエダンサーを目指しながら、苦労して大学に入学。舞台の世界での成功は収められなかったものの、書きためていた脚本や詩が認められ、1935年に最初の小説『即興詩人』(日本では森鴎外の訳で有名)を上梓する。同年に『子どものためのお伽』を発表。これで一躍“童話作家”として注目を浴びる。「マッチ売りの少女」「みにくいアヒルの子」「おやゆび姫」など世界じゅうで読みつがれる名作を著し、“童話の王さま”と呼ばれるが、おとなに向けたメッセージを秘めた作品も多い。私生活では、生涯独身を通し、孤独な生活を送ったと言われている

長島要一[ナガシマヨウイチ]
1946年東京生まれ。1982年コペンハーゲン大学よりPh.D.取得。同大学異文化研究・地域研究所副所長。専門は、日本近・現代文学・比較文学・比較文化

シェリー,ジョン[シェリー,ジョン][Shelley,John]
イギリス、バーミンガム生まれ。ボーンビル・スクール・オブ・アート、マンチェスターポリテクニックでイラストレーションを専攻。1987年以降、日本に在住。パルコや三菱の広告で注目を浴びる。初めての絵本『ザ・シークレット・インザ・マッチボックス』はイギリスでマザーグース賞次点、アメリカでペアレンツチョイス賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

亮さん

21
アンデルセンってこんな童話書いていたんだ。すごくエロス溢れる大人の童話。そして、自伝的な作品。悲哀、失恋に終わる4編の短編。うん、いいね、俺も書こう。2017/02/08

><

18
初版2005年。短編が4つ。どのお話も、さみしいやら悲しいやら。翻訳が素敵で、きれいな文章に情景が浮かぶ。「雪だるま」のお話が一番ぐっと来ました。あとがきを読むと、アンデルセンがどうしてこのお話を作ったのかが書かれています。アンデルセンの気持ちを聞いて、もう一度再読しました(^_^;)2014/02/20

ヒラP@ehon.gohon

16
知っているアンデルセン童話とは異質の、大人向けの寓話集です。 エロチックな部分もあるけれど、品位を保って、大人社会、大人の意識構造を皮肉っぽく童話に仕立てあげていて、考えさせられました。 雪だるまのような艶かしいお話も良いですが、ノミと教授のような世渡り話も面白いです。 ジョン・シェリーさんの絵が絶妙です。2018/01/17

リッツ

16
ポッカーン、確かに知らないアンデルセン(笑)何やら意味ありげな短編集。解説読んでアララ~(笑)2014/10/05

SIGERU

13
アンデルセンの抑圧された内面が、静かに揺曳する炎のように伝わってきました。とくに『雪だるま』と『ティーポット』。雪だるまの妄執に充ちた心の叫び。なぜストーブに恋焦がれるのか。真相の暴露と、哀れをとどめる最期。どれを取ってもキツい作品でした。ティーポットが「壊れる」のは、あとがきによれば性的暗喩だとか。フロイトもビックリの解釈です。生涯独身だった事へのエクスキューズ『ちょうちょ』、寓話そのものの『ノミと教授』は、裏読みせずに済んで、ホッとしました。ジョン・シェリーの程よくポップな挿絵が、一掬の救いです。2020/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/532292

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。