児童図書館・絵本の部屋<br> きずついたつばさをなおすには

個数:
  • ポイントキャンペーン

児童図書館・絵本の部屋
きずついたつばさをなおすには

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月11日 15時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 31cm
  • 商品コード 9784566008960
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

内容説明

とかいのたかいところで、鳥がまどガラスにぶつかり、…そして、おちてきた。だれもきづかない。ウィルのほかには。とかいのかたすみにも、命の灯はしっかりともっている…。

著者等紹介

グラハム,ボブ[グラハム,ボブ][Graham,Bob]
1942年、オーストラリアのシドニー生まれ。アート・スクールで絵画を学び、その後イラストレーターとして活躍。絵本『いぬがかいたーい!』(評論社)で2002年のボストングローブ・ホーンブック賞、オーストラリア児童図書賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やすらぎ

123
ウィル少年とその家族の周りだけに暖かさを感じる絵本。希望を捨てないで。生命力を信じて。その望みが明かりとなる。…人間が作った不自然な街、ビルがそびえ立つ所にも野性動物は棲んでいます。鳥たちは見慣れない世界に戸惑っています。なんとか適応しながらも、どうしても事故は起こります。…そんな状況にあっても、子どもの視線は自然です。人の命も鳥の命も、大切なことにはかわりない。お父さんお母さん、まだ翼は治るかもしれないよ。ゆっくり休んでね。…希望は叶うかも。窓の外を見つめているから。ありがとう。気をつけてね。元気でね。2021/07/11

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

69
都会では誰もが忙しく動いています。わき目もふらずに、ただ目の前だけをみて。高層ビルの窓ガラスにぶつかり空から落ちてきた一羽の鳥。翼がぶつかった音……誰も聞いていません。路上に横たわる鳥……誰も見ていません。足元で苦しんでいる姿……誰も気づきません、ウィルのほかには。グレーに映る街の景色の中で、彼の周りだけ光が灯っています。手を差しのべて、家に連れて帰る。取れた羽は戻らないけど、傷ついた翼は治るかもしれない。ゆっくり休んで、時が経てば、また飛べるかも知れない。ウィルの手から羽ばたいていく鳥。2015/01/18

新地学@児童書病発動中

69
題名にひかれて、今日図書館で、手に取った本です。ちいちゃな子供が気づいた鳩を見つけて、介抱するというシンプルなストーリーですが、グラハムの優しい絵のタッチが素晴らしく、忘れがたい印象を残します。都会の道に横たわって、誰も気づかない怪我した鳩を見つける、ウィルの優しさが心に沁みます。この世界で今一番必要とされているのは、このような細やかな優しさだという気がします。こんな本に出会えるので、絵本を読むのはやめられません。大人の本よりも、はるかに魂の栄養になります。2013/03/17

♪みどりpiyopiyo♪

43
静かで抑えた絵に添えられたわずかな言葉。色のない都会に射す光。希望。■美しい絵本でした。ちいさな子どもの目は希望なのですね。ママとパパの反応がかわいい♡ 元気になって良かったね♪ ■アングルとコマ割りが劇的で雄弁です。作者はオーストラリアの人。傷ついた野鳥を保護するか否か、獣医に診せるか? ってか近所に居るのか?、無防備に触れて疫学的に大丈夫なのか?、など、国や地域で違いがあるのでしょう。そういった文化的な背景が反映されるところも、物語を読む愉しみの一つですね( ' ᵕ ' )2016/08/14

Kawai Hideki

38
一羽の鳩が高層ビルの窓ガラスにぶつかってケガをして、それを男の子が見つけて介抱するお話。作中、はっとさせられるシーンや言葉がとても印象深かった。まず、傷ついた鳩に誰も気づかない。みんな、灰色がかった冷たい空気をみにまとい、通りすぎるだけ。自分のことでいっぱいいっぱいなのだろう。そんな中、主人公の男の子だけが色づいた世界にいて、傷ついた鳩に関心を寄せる。男の子の母親も、最初は灰色だが、鳩を連れ帰ることになって色がつく。「とれた はねは もどらないけど… きずついた つばさは なおるかも」の言葉も良かった。2021/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/484684

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。