児童図書館・絵本の部屋<br> スーザンはね…

個数:

児童図書館・絵本の部屋
スーザンはね…

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月24日 18時42分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 24cm
  • 商品コード 9784566007550
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

出版社内容情報

スーザンはね、わらったり、うたったり…およぐこともできるし、うまものる。いい子にしてるかとおもったら、いたずらっ子にはやがわり。ほんと、どこにでもいる女の子。でも、スーザンはね……車いすなんだ。自分らしく、いきいきとすごすことのすばらしさ、大切さを伝えます。   幼児~

内容説明

スーザンはね、わらったり、うたったり…。およぐこともできるし、うまにだってのる。かんかんにおこるときもあれば、しかられてしょんぼり。いい子にしてるかとおもったら、いたずらっ子にはやがわり。ほんと、スーザンは、どこにでもいるおんなのこなんだけれど…。

著者等紹介

ウィリス,ジーン[ウィリス,ジーン][Willis,Jeanne]
イギリスの絵本・児童文学作家。1959年、ハートフォード州生まれ。幼い子向けの絵本や幼年童話を中心に活躍している

ロス,トニー[ロス,トニー][Ross,Tony]
イギリスの絵本作家・さし絵画家。1938年、ロンドン生まれ。グラフィック・デザイナーや広告代理店のアート・ディレクターを経て、マンチェスター工芸大学で教鞭をとりながら、創作に従事

もりかわみわ[モリカワミワ]
1969年、山口県生まれ。山口芸術短期大学卒業。公立幼稚園に勤めたのち、さまざまな障害を抱える人々と交流。現在、障害に関わりなく共に利用できる製品・施設・サービスなどの普及を目指す(財)共用品推進機構に勤務
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おはなし会 芽ぶっく 

11
スーザンはどこにでもいるような女の子です。でも1つだけ違うのは車椅子に乗っていること。でもそれだけ!自分の足では歩くことはできないけれど、いつも元気で笑顔がたえないスーザンの姿に、自分は自分でいいんだと勇気づけられます。2023/03/31

Cinejazz

11
<スーザン>は、笑ったり、大声で歌ったり、泳ぐこともできるし、ダンスをしたり、馬にだって乗る。すぐに泣くこともあるし、泣いていたかと思うと、いつの間にか笑ってる、何処にでもいる女の子、<スーザン>は、どんなときも、ずっと<スーザン!>・・・あなたもね、いつだってずっと<あなた>・・・と語りかける絵本の<スーザン>は、車椅子を使って自分の足で歩けないことを、最後に明かします。悪戯子も、優しい子も、泣き虫さんも、怒りんぼさんも、みんな自分らしく、毎日を生き生きと過ごすことの大切さを伝えています。 2022/11/03

みー

9
マイノリティー関連の本を探していて、自宅本棚より。スーザンは元気な女の子。体を動かすのも大好きで、明るくて、賑やか!!毎日笑って泣いて、怒って・・たまには親にも怒られて・・でもね、スーザン・・車いすなの。でもそれは最後の最後まで明かされない。どんな自分も自分。みんなと同じように楽しい事、賑やかな事が大好きなんだよね!2017/04/30

遠い日

9
元気で明るいスーザンの日常が描かれ、なんてかわいい女の子だろうと思っていると、最後に車椅子に乗ったスーザンの全身が現れる。水泳だってシーソーだって乗馬だって、やってのける活発なスーザンだ。そのどれもが、まるごとスーザン。それは、障害があろうとなかろうと、あなたもわたしも、同じこと。2014/10/22

ヒラP@ehon.gohon

2
お茶目で元気一杯のスーザンの日常が描かれています…。 でも、スーザンは障害者だったのです。 日頃町で見かける知らない人の車椅子。 障害者を見ると無意識に、不自由な事だけがイメージされてしまいます。 この絵本のスーザンを、彼女の願望だと勘違いしてはいけません。 スーザンは障害者ではあるけれど、これだけ元気一杯の普通の女の子なのです。 でも、もできないこともある。 同じ人間として、同じ仲間として、まるごと受け止めること。 ノーマライズして受け入れること、さりもげなくそんな事を伝えてくれたように思いました。 2014/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/591104
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。