富士見L文庫<br> 僕らふたりに運命の糸は

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
僕らふたりに運命の糸は

  • ISBN:9784040734279

ファイル: /

内容説明

“運命の赤い糸”が見える高校生・肇(はじめ)は、同じ力をもった朱莉(あかり)と惹かれ合うが――。
 【運命が見える僕らの、決して運命じゃない恋】
 触れた相手の“運命の赤い糸”が見えてしまう高校生・肇。その秘密を抱えて過ごす日々のなか、彼が運命的に出会ったのが、一つ年下の少女・朱莉だった。
 思いがけない巡り合わせから、実は彼女も同じ糸を見られると打ち明けられた肇。しだいに二人は、“糸”の秘密をめぐる共犯者として惹かれ合うのだが……。
 互いに告げられない過去に向き合いながら、思いを自覚したその時、運命が見えてしまう二人に、哀しい事実が突きつけられる。
 ――これは、運命ではない恋を巡る、二人の物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

*ふうか*

4
Webにて読了。最後はどうなったんだろう。2021/04/14

ぬりかべ

0
目に見える赤い糸と、目に見えない繋がりを 対比させた恋物語 目に見えなくとも、結末は同じ結果であってほしい、 そう思いました。2021/12/02

TAKUMI。

0
運命の赤い糸が見える肇と朱莉は、見えるが為に素直な表現が出来ず、じれったい青春ラブストーリー。 髪の毛が絡まってしまいハサミを取り出すシーンは、ドラマ『黒崎くんのいいなりにはならない』で見たけれど結末は違っていた。 アニメになれば面白く見れるかもしれません。2021/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14745807

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。