シャーマン・ケント 戦略インテリジェンス論

個数:
  • ポイントキャンペーン

シャーマン・ケント 戦略インテリジェンス論

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月11日 05時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562052691
  • NDC分類 391.6

内容説明

インテリジェンスとは知識であり、組織であり、活動である。「情報分析の父」シャーマン・ケントによる古典的名著を初邦訳!

目次

第1部 インテリジェンスは知識である(インテリジェンスは知識である;実質的内容(一)基本的叙述要素
実質的内容(二)現状報告要素
実質的内容(三)推測・評価要素)
第2部 インテリジェンスは組織である(インテリジェンスは組織である;中央インテリジェンス;各省インテリジェンス;各省インテリジェンス機関―経験から得た10の教訓)
第3部 インテリジェンスは活動である(インテリジェンスは活動である;インテリジェンス業務上の方法に特有の問題;インテリジェンス生産者と消費者)

著者紹介

ケント,シャーマン[ケント,シャーマン] [Kent,Sherman]
1903年~1986年、アメリカ。イェール大学で歴史学を教授。第二次世界大戦中はアメリカ情報調整局(後の戦略事務局)、戦後は中央情報局(CIA)に招聘され、インテリジェンス分析にあたる(67年に引退)

並木均[ナミキヒトシ]
1963年新潟県生まれ。中央大学法学部卒。映画の字幕・台詞の監修なども手がける

熊谷直樹[クマガイナオキ]
1987年東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

情報をどのように考えるか。インテリジェンスの意味から分類し、活用するかを明解に示した「情報分析の父」による名著、大望の邦訳。

アメリカで「情報分析の父」と呼ばれたシャーマン・ケントによるインテリジェンス論。
「情報」をどのように考えるか。インテリジェンスの意味から分類、そしていかに活用するかを明解に示した名著、大望の邦訳。