ドイツ・アメリカ連合作戦―第二次世界大戦の「奇跡」といわれた捕虜収容所奪還作戦

個数:
  • ポイントキャンペーン

ドイツ・アメリカ連合作戦―第二次世界大戦の「奇跡」といわれた捕虜収容所奪還作戦

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 23時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562051168
  • NDC分類 209.74

内容説明

第二次世界大戦末期、ナチス武装親衛隊が守る「イッター城特別囚人収容所」にはフランス元首相や大臣ら連合国側VIPが収容されていた。収容所奪還作戦に動いたのは、アメリカ軍戦車部隊+ドイツ国防軍+元武装親衛隊。あり得ない敵同士による混成チームだった―当事者への取材と残された資料によって初めて明らかになった奇跡の作戦の全貌。

目次

第1章 山上の城
第2章 第一陣の顔ぶれ
第3章 愛人、友人、仇敵
第4章 差し迫る危機
第5章 見えない明日
第6章 戦車兵は進む
第7章 包囲された城
第8章 後日談

著者紹介

ハーディング,スティーヴン[ハーディング,スティーヴン] [Harding,Stephen]
アメリカ在住の軍事ジャーナリスト。長年にわたって北アイルランド問題や中東、イラクなど、さまざまな軍事・防衛関連テーマを扱ってきた。7冊の著作があり、手がけた雑誌記事は300を超す

花田知恵[ハナダチエ]
1958年、愛知県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

本当にあったアメリカ・ドイツ連合作戦。
ターゲットはナチス武装親衛隊が守備するイッター城収容所。
奪還・解放を試みるアメリカ軍部隊に、ドイツ国防軍将兵が呼応した。
綿密な取材を通じた全体像が初めてここに!