マルシェのつくり方、使い方―運営者・出店者のための教科書

個数:

マルシェのつくり方、使い方―運営者・出店者のための教科書

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月02日 22時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761527181
  • NDC分類 673.7
  • Cコード C0052

内容説明

マルシェ運営をまちづくりの起点に、マルシェ出店をビジネスの柱に。ヒルズマルシェなど6つのマルシェを10年間、運営してきた著者が明かす、「運営」と「出店」のノウハウ、失敗の原因/成功のポイント。

目次

1章 マルシェが小売りビジネスを変える―コミュニケーション型移動小売業の誕生(日本のマルシェ誕生;マルシェに参戦;マルシェをブームで終わらせないために;コミュニケーション型移動小売業)
2章 マルシェのつくり方―開催・運営のノウハウ(マルシェを始める前に知っておきたいこと;開催までに準備すること、スケジュール;マルシェ運営のオペレーション;マルシェは1日にして成らず)
3章 マルシェの使い方―出店のノウハウ(「何屋」か、一言で言えますか?;マルシェで儲ける!は甘くない;いざ、出店へ!準備万端で挑め;インキュベーションスペースとして)
4章 マルシェというビジネスモデル―持続可能なしくみの構築(近江商人の上をいく、五方良し!;つくる側のビジネスモデル;使う側のビジネスモデル;顧客のビジネスモデル)
5章 マルシェの現場案内(ヒルズマルシェ―街のプラットフォームになる;ワテラスマルシェ―地元の大学生も運営を手伝う;浜町マルシェ―複数の地元商店街との連携;K‐TTE前地下広場マルシェ―日本屈指のオフィス街で実現;SouseiMarche―商業施設で毎日マルシェ;新しい流通を開拓するマルシェ)

著者等紹介

脇坂真吏[ワキサカマサト]
株式会社AgriInnovationDesign代表取締役。株式会社東神楽アグリラボ代表取締役会長。株式会社DKdo代表取締役/東京代表。一般社団法人マルシェ・マーケット研究所代表理事。1983年生まれ。東京農業大学国際食料情報学部食料環境経済学科卒業。大学4年時に起業。その後、NPO法人農家のこせがれネットワークの設立をはじめ、農業活性に関わるプロデュースを全国で展開。2009年から「ヒルズマルシェ」の運営に関わり、以降東京で「ワテラスマルシェ」「浜町マルシェ」「KITTE前地下広場マルシェ」、北海道で「SouseiMarche」の運営に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

manamuse

12
なんか、ヒルズマルシェの連呼で嫌気がした。2019/10/19

sk8

0
マルシェについて、主に運営者に向けてかかれている。出店者が得られる知識は、そこまで有益ではない。2021/10/08

思索する集団『思索の蒼穹』代表

0
マルシェとは広場や、モールの通路の両サイドなどでみられるテント等を利用した出店です。 新型コロナ感染症による自粛でみられたように、店舗を持つと家賃や土地代といった固定費が大きな負担となります。 マルシェにもよるようですが、一回あたり5000円程度から出店できるようです。普段は店舗を持たないビジネスをされている方でも、マーケティングをかねて出店してみれば新たなビジネスチャンスを発見できるかもしれません。 決して簡単ではないけれど、マルシェは一つの魅力的な選択肢であることに気づかされる一冊です。 2020/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14335802
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。