エネルギー市場の競争条件―ヨーロッパ天然ガス市場の経験が語る

  • ポイントキャンペーン

エネルギー市場の競争条件―ヨーロッパ天然ガス市場の経験が語る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 250p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784561731337
  • NDC分類 575.59
  • Cコード C3060

内容説明

公益事業の民営化と自由化―北米流にいうと“ディレギュレーション”―は、1990年代に速いスピードで世界的な流れになった。90年代の終わりまでに、欧州連合のガス・電力事業自由化に関する指令は発効するに至り、加盟諸国の市場は大陸全体で競争の度合を大きく高めている。本書が刊行された当初以来、競争と自由化に向けた変化のスピードは、著者の予測を超えた速さになっている。日本の読者には、本書を通じてヨーロッパで起きたことを学んでもらえるだろう。しかし、それ以上に重要なこととして、著者は日本の人たちが競争と自由化のプロセスについての理解を深め、日本的概念にそれを写し換えることができ、日本の電力・ガス事業市場が同じような変化に向けて動くに際して、役立つものになって欲しいと願っている。競争と自由化が既存の公益事業に与える衝撃は計り知れないものがあり、伝統的な経営手法が革命的に変化するかもしれない。

目次

第1章 変化するヨーロッパの政治状況と、エネルギーおよびエネルギー事業が抱える課題
第2章 1960‐90年におけるヨーロッパのガス市場:ゲートキーパーと政府によるコンセンサスに基づく運営
第3章 1990年代における市場の展開:競争の始まり
第4章 国際機関の枠組み:欧州連合とエネルギー憲章
第5章 国ごとに見た制度の展開:競争と自由化の経験
第6章 シナリオと安定供給
第7章 競争と自由化:多様なモデル