文庫クセジュ<br> 古代ローマの女性たち

個数:

文庫クセジュ
古代ローマの女性たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月30日 20時47分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 167,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560510056
  • NDC分類 232

出版社内容情報

王政期から帝政前期までの政治体制や社会の変化と関連づけながら、その時代を生きた女性の地位やあり方を描きだす。時代・社会を映す女性像
 本書は古代ローマの女性が隷属から解放に向かう王政期から共和政期の描写に重点を置き、政治体制・社会の変化と関連づけてローマの女性の姿を描きだす。初期のローマでは女性は従属的な立場に置かれていた。帝国の拡大に伴い、富が流入し戦争が長期化した社会の変容を反映し、女性の立場も変化する。財産を持つ貴族女性は解放され、政治の舞台にも登場するようになる。帝政初期では高い身分の女性たちのなかには放埒ともいえるほどの気ままな行動が看取された。やがて一世紀が終わりを迎える頃には帝政も安定軌道に入り、それを反映してか、男女関係も均衡を取り戻し、女性の立場も再び「父祖らの慣習」に準じた枠にはめられたものに戻ってゆく。史書・法・詩・医書・思想書・碑文・図像などさまざまな資料から証言を集め、時代を追ってその女性像を写しだす。

ギイ・アシャール[アシャール]

西村 昌洋[ニシムラ マサヒロ]
神戸大学文学部卒業、京都大学大学院文学研究科修士課程修了、京都大学博士(Ph.D.)、西洋史学専攻。現在、立命館大学非常勤講師。訳書に、ピーター・サルウェイ編、南川高志監訳『オックスフォード ブリテン諸島の歴史一―ローマ帝国時代のブリテン島』(共訳、慶應義塾大学出版会)、ロバート・クナップ『古代ローマの庶民たち』(監訳、白水社)。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件