文庫クセジュ<br> シチリアの歴史

個数:

文庫クセジュ
シチリアの歴史

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 新書判/ページ数 175,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560509852
  • NDC分類 237
  • Cコード C1222

内容説明

平野、台地、丘さらには火山も存在し、さまざまな農業が中心産業ではあるが、漁場、鉱脈、石油など豊かな資源も有する。イタリア・ギリシア・アフリカに面し、東洋と西洋を結ぶ位置にあるため、あらゆる国の影響を受けてきた。その過程と現代の問題点までを詳しく解説。

目次

序論 島
第1部 ローマ帝国崩壊までのシチリア(先史ならびに原史時代;ギリシア時代;ローマ人の征服と支配)
第2部 異民族の侵入から十二世紀末までのシチリア(異民族の征服とビザンティン帝国の支配;アラブの支配;ノルマン王国)
第3部 一一九四年から現代まで(ホーエンシュタウフェン朝;アンジュー王家とアラゴン王家;独立の最後からリソルジメントまで(一四〇九~一八六〇年)
シチリアと現代のイタリア)

著者等紹介

幸田礼雅[コウダノリマサ]
1939年生まれ、1966年東京大学仏文科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

地中海の経済・文化的交流において重要な位置を占めてきたシチリアの歴史。変化に富んだ島の特徴や経済についても解説。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件