文庫クセジュ<br> ガリレオ―伝説を排した実像

個数:

文庫クセジュ
ガリレオ―伝説を排した実像

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月16日 14時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 173,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560509593
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C1222

内容説明

七八年にわたる、栄光と失意の生涯を、書簡や著書の引用によって裏づけながらたどってゆく。さらに、没後三五〇年を経て、一九九二年の教皇による名誉回復までの歩みを紹介し、有罪判決を生んだかずかずの不幸な状況、教会の自縄自縛の様子を浮き彫りにする。

目次

第1章 修業時代(一五六四~一六〇九年)(合理精神;世界の体系;ピサと架空の実験;パドヴァにおける教育と研究の仕事)
第2章 才能の確立(一六〇九~一六一二年)(望遠鏡論争;『星界の報告』;ローマ教会の勝利(一六一一年)
浮遊物体と太陽の黒点―方法論上の争点)
第3章 疑惑(一六一三~一六二五年)(ガリレオと聖典の解釈;宗教改革の文化的背景と聖書;一六一六年の不幸―コペルニクス説の断罪;情勢好転―ウルバヌス八世、『偽金鑑識官』とインゴリへの回答)
第4章 有罪判決(一六二五~一六三三年)(イエズス会との対立;情勢の変化;『天文対話』、コペルニクス説の宣言(一六三三年))
第5章 隠棲(一六三三~一六四二年)(アルチェトリの虜囚;不動の心;『新科学対話』とガリレオの科学(一六三八年)
ガリレオ事件とその展開だ(一七世紀から二一世紀))

著者等紹介

幸田礼雅[コウダノリマサ]
1939年生まれ、1966年東京大学仏文科卒業、西洋美術専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

栄光と失意の生涯を書簡や著書の引用によって裏づけながら辿り、さらに1992年の教皇による名誉回復までの歩みを紹介する。