フクロウ―その歴史・文化・生態

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 204,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560081815
  • NDC分類 488.75
  • Cコード C0040

出版社内容情報

知恵のシンボルか、それとも凶兆の使者か? 最古の鳥類とも言われるこの謎めいた鳥の歴史・文化・生態を、『裸のサル』で知られる著名な動物行動学者がユーモアを交えて存分に解き明かす。

内容説明

「知恵の鳥」は賢くない?最古の鳥類とも言われる鳥は、どのように人間の目に映り、崇められ、忌避され、愛されてきたか?洞窟壁画から「ハリー・ポッター」まで、『裸のサル』で知られる動物行動学者がその謎と魅力を解き明かす。カラー・モノクロ図版多数。

目次

第1章 有史以前のフクロウ
第2章 古代のフクロウ
第3章 フクロウの薬効
第4章 象徴としてのフクロウ
第5章 エンブレムになったフクロウ
第6章 文学におけるフクロウ
第7章 部族にとってのフクロウ
第8章 フクロウと芸術家
第9章 典型的なフクロウ
第10章 ユニークなフクロウ

著者等紹介

モリス,デズモンド[モリス,デズモンド][Morris,Desmond]
イギリスの著名な動物行動学者。1928年ウィルトシャー生まれ。バーミンガム大学、オックスフォード大学大学院で動物行動学を学ぶ。56年ロンドン動物園のテレビ・映画制作部門長に就任。59年よりロンドン動物園の哺乳類学研究部長を8年間務める。そのかたわら、テレビ番組や映画で動物のドキュメンタリーを制作。67年刊の著書『裸のサル』(角川文庫)で一躍有名となり、その後も数々のベストセラーを生み出している。美術への造詣が深く、シュルレアリスムの画家としても知られる

伊達淳[ダテジュン]
1971年生まれ。和歌山県那智勝浦町出身。関西学院大学商学部卒業。東京外国語大学欧米第一課程卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。