魚の祭 (新装版)

魚の祭 (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 122p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560033814
  • NDC分類 912.6
  • Cコード C0074

出版社内容情報

 過去の糸のもつれからほどけて聴こえてくる、ある不幸な家族の影と悲しみの声を、錬金術師のように巧みな言葉と情景とでたぐりよせる、第37回岸田國士戯曲賞受賞の注目の話題作。「人間が持っている家族に対するさまざまなことを全部引き寄せるものすごい磁場を作っている」(井上ひさし氏評)

内容説明

過去の糸のもつれからほどけて聞こえてくる、ある不幸な家族の影と悲しみの声を、錬金術師のように巧みな言葉と情報とでたぐり寄せる、第37回岸田国士戯曲賞受賞の、注目の話題作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白石 謙悟

0
岸田國士戯曲賞受賞作品。事故により次男を亡くしたとある家族の物語。ひとつひとつのシーンが瑞々しくて、どこか静かな狂気を感じさせられた。内に秘められた愛情と憎悪など、色々な感情が垣間見ることができ、奥深い作品でした。ト書きが独特で参考になりました。2016/06/25

ムラ

0
私が大好きな一冊.とても印象深いです. 舞台は,夏の葬式. 太陽がジリジリと照りつける中, 葬式のため,チリジリになっていた親族達はあつまる. 静かな描写,そして暗いストーリー. 情景は明るいけど,内容は暗い. 明るい夏の日差しの中に,親族たちの気まずさや,空虚がみえるような気がする. 演劇の戯曲なので,舞台で講演された事もあるようです.

Maumim

0
1999年7月16日読了。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/26593

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。