初段に挑戦する将棋シリーズ<br> 仕掛けの時機 - 攻めの原点を探る

電子版価格
¥605
  • 電書あり

初段に挑戦する将棋シリーズ
仕掛けの時機 - 攻めの原点を探る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784422750514
  • NDC分類 796
  • Cコード C2376

出版社内容情報

【解説】
序盤,終盤に比べ,中盤戦を扱った棋書は極端に少ない。仕掛けから寄せに入る直前までの中盤の,どこに仕掛けのタイミングを見出し,攻め筋を探ったらよいかを教える。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

123
中盤の仕掛けがテーマなので、変化が多い。普通なら盤上に駒を並べて、一つひとつの変化を研究していくところ。でも、あくまでも『頭の体操』がコンセプトなので、可能な限り頭の中で処理した。正直、変化が多すぎてついていけない場面もあったが、居飛車にしろ、振り飛車、対振り飛車、相振り飛車などでも、仕掛け方や仕掛けのタイミングなど、雰囲気は掴めたと思う。2015/12/28

kinaba

1
時機というか仕掛け局面集2014/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1680100
  • ご注意事項