中世のアウトサイダーたち

中世のアウトサイダーたち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 348,/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784560028650
  • NDC分類 234.04
  • Cコード C0022

内容説明

乞食・大道芸人・娼婦・死刑執行人に代表される社会の最下層階級の実態を、豊富な資料を駆使しながら、14世紀から17世紀にかけての、ケルンという1都市において探ろうとする、注目の論考。

目次

第1章 周辺集団とアウトサイダー
第2章 乞食とならず者、浮浪者とのらくら者
第3章 ハンセン病患者
第4章 心と頭を病む人びと
第5章 風呂屋と床屋、医者といかさま医者
第6章 大道芸人と楽士
第7章 魔法使い、占い女、狼男
第8章 ジプシー
第9章 娼婦
第10章 刊吏とその仲間
第11章 結論でなく、いかがわしい人びととまともな人びと

出版社内容情報

 「都市の不名誉な人」として排斥と追放の論理が適用され、偏見と差別の中で生活を余儀なくされた、乞食、大道芸人、娼婦、死刑執行人ら下層階級の実態を、14世紀から30年戦争にかけての、ローマ時代からの古い歴史と多彩な特色をもったライン河畔の都市ケルンにおいて探ろうとする試み。