父さんの銃

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 159p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560027639
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

内容説明

フセイン政権下の苛酷な状況で、次第にクルド人としての誇りと芸術に目覚めていく少年。そして、その家族たちの絆、故郷への熱い想い―。イラク出身のクルド人映画監督による、笑いと涙と希望にあふれた自伝的物語。

著者紹介

サレーム,ヒネル[サレーム,ヒネル][Saleem,Hiner]
クルド人映画監督、作家。1964年、イラク領クルディスタンで生まれる。サダム・フセインの圧政から逃れるため17歳で亡命し、フィレンツェで学業を修めるかたわら観光客相手に絵を描いていた。その後パリに移住。1990年イラクがクウェートに侵攻すると、秘密裏に郷土にもどり映画を撮影するが、トルコ軍やイラク軍の爆撃により未完におわる。1997年、最初の長編映画Vive la mariee...et la liberation du Kurdistan(花嫁ばんざい、クルディスタンの解散…ばんざい)を撮る。2003年のVodka lemon(ウォッカ・レモン)でヴェネツィア国際映画祭のコントロ・コレンテ部門でサン・マルコ賞受賞。2005年Kilometre zero(キロメートル・ゼロ)は、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門の正式出品作品として上映された

田久保麻理[タクボマリ]
1967年東京生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)