岩波新書<br> 共生保障―“支え合い”の戦略

個数:

岩波新書
共生保障―“支え合い”の戦略

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2020年11月24日 16時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 226,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004316398
  • NDC分類 364
  • Cコード C0236

内容説明

困窮と孤立が広がり、日本社会にも分断が走る。人々を共生の場につなぎ、支え合いを支え直す制度構想が必要だ。いかにして雇用の間口を広げ、多様な居住のあり方を作りだせるのか。自治体やNPOの実践を踏まえ、生活保障の新しいビジョンとして「共生保障」を提示する。前著『生活保障 排除しない社会へ』からの新たな展開。

目次

第1章 制度はなぜ対応できないか(今起きていること;日本型生活保障と排除の構造;「強い個人」の終焉;支え合いの困難と政治)
第2章 共生保障とは何か(共生保障の基本的考え方;「一億総活躍社会」と共生保障;地域における共生保障の模索)
第3章 共生の場と支援の制度(ユニバーサル就労;共生型ケアの展開;共生のための地域型居住;補完型所得保障;包括的サービスへの転換)
第4章 社会保障改革のゆくえ(普遍主義的改革の逆説;準市場の導入と結果;「一体改革」から困窮者自立支援へ)
第5章 共生という価値と政治(共生という価値;共生をめぐる政治;新しい戦略のために)

著者等紹介

宮本太郎[ミヤモトタロウ]
1958年東京都生まれ。1988年中央大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。立命館大学法学部教授、北海道大学法学部教授などを経て、中央大学法学部教授、博士(政治学)。専攻、政治学、福祉政策論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

困窮と孤立が広がる日本社会。人々を共生の場につなぎ、支え合いを支え直す制度構想を提示する。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件