文盲―アゴタ・クリストフ自伝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 110p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560027424
  • NDC分類 950.28
  • Cコード C0098

内容説明

世界的ベストセラー『悪童日記』の著者による初めての自伝。祖国ハンガリーを逃れ難民となり、母語ではない「敵語」で書くことを強いられた亡命作家の苦悩と葛藤を描く。

目次

ことの初め
話し言葉から書き言葉へ

道化芝居
母語と敵語
スターリンの死
記憶
国外亡命者たち
砂漠
人はどのようにして作家になるか?
文盲

著者等紹介

クリストフ,アゴタ[クリストフ,アゴタ][Kristof,Agota]
1935年オーストリアとの国境に近い、ハンガリーの村に生まれる。1956年ハンガリー動乱の折、乳飲み子を抱いて夫と共に祖国を脱出、難民としてスイスに亡命する。スイスのヌーシャテル州(フランス語圏)に定住し、時計工場で働きながらフランス語を習得する。みずから持ち込んだ原稿がパリの大手出版社スイユで歓迎され、1986年『悪童日記』でデビュー

堀茂樹[ホリシゲキ]
1952年生まれ。翻訳家、慶應義塾大学総合政策学部教授、東京日仏学院講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

125
『悪童日記』で有名なアゴタ・クリストフの自伝。再読でも初めて読んだ時と同じような衝撃を感じた。母国語のハンガリー語ではなく、フランス語で書かざるを得ない彼女の悲しみを、日本人の私は半分も理解できない気がする。敵語であっても、書きつづける彼女のような人物こそ、生まれついての作家なのだろう。アゴタ・クリストフの書く文章は短くて、ぎこちないところがある。それでも詩的に凝縮された表現が多く、鋭い。文は人なりの言葉通り、この文体は彼女の過酷な人生から生み出されたものだ。2016/07/22

どんぐり

112
1956年のハンガリー動乱で、祖国を脱出しスイスに亡命したアゴタ・クリストフの自伝的エッセイ。「わたしはフランス語もまた、敵語と呼ぶ。別の理由もある。こちらの理由のほうが深刻だ。すなわち、この言語が、わたしの中の母語をじわじわと殺しつつあるという事実である」――祖国を失うことは母語を失うことでもある。亡命先でフランス語を習得し、『悪童日記』『ふたつの証拠』『第三の嘘』の三部作を発表。人はどのようにして作家になるかという問いにアゴタ・クリストフは答える「自分の書いているものへの信念をけっして失うことなく、辛2014/07/14

mura_STEPUP

82
亡命ということはどういったことかということは当然体験もないし、身近で話すこともないため、感覚的に理解できない。しかし、幼いころからの言語が使用できなくなる(通じない)という、言語は単なる意思を伝える手段だけれども、それよりも身体性を伴う文化的等側面も持つので、とても厳しいことは理解できる。幼少期はものを読まずにはいられないという不治の病に。「敵語」と呼ぶ、なじまないフランス語で執筆、それは彼女にとって人生の「挑戦」。強い信念を感じる。90ページ前後で、読みやすい。2016/10/22

tama

66
図書館本 アゴタシリーズで こんなに「量が」少ないとは思わなかった。しかし「文盲」という原典のタイトルそのものの意味がとんでもなく重いことを知って驚いた。幼い頃から文字を読むこと書くことが大好きだったのに、ソ連支配後、両親・兄弟全て捨てて難民家族として不法出国し、全く馴染みのない外国で(最初は会話さえできない)暮らすゆえに「文字を読むことも書くこともできなくなった」。読み書きの勉強を始めようとするきっかけは切実。2015/08/06

metoo

59
悪童日記、ふたりの証拠、第三の嘘、と読後に衝撃を受け、物語に著者の何が投影されているのか尋ねたくて自伝「文盲」を手にした。ハンガリーで生まれ、動乱の21歳の時に夫と4ヶ月の娘と祖国を離れオーストリアへ、そしてスイスへ。国を喪くし言葉を喪くし家族と離れても、書くことで辛うじて自分を喪わずにいられたのか。母国語ではない言葉で。専門教育を受けていない著者だが、18歳まで過ごした貧しい寄宿舎でお小遣いを稼ぐためにシナリオを書き即興寸劇をして成功させ、ストーリーテラーの片鱗を見せる。2017/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/492761

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。