ブダペスト

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 202p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560027400
  • NDC分類 969.3
  • Cコード C0097

内容説明

主人公のコスタは、リオとブダペストで二重生活を送るゴーストライター。手がけた他人の自伝がベストセラーになり、混乱がますます加速する…。僕はいったい誰なのか…。軽快なリズムで時空間を彷徨い、夢と現を行き交う…。やがて漂着する驚愕のラストとは?ブラジル音楽の巨匠が奏でる言葉の魔術。ブラジル文壇の権威ある“ジャブチ文学賞”“パッソ・フンド文学賞”ダブル受賞。

著者等紹介

ブアルキ,シコ[ブアルキ,シコ][Buarque,Chico]
1944年、リオデジャネイロ生まれ。20世紀後半のブラジル文化を代表する音楽家、詩人、劇作家、俳優

武田千香[タケダチカ]
東京外国語大学助教授(ポルトガル語・ブラジル文学専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

101
独創的なブラジルの小説。作者はブラジルで有名なシンガーソングライターとのこと。文章の軽快なリズムはそこから来るのかもしれない。主人公はゴーストライターで仕事で足を運んだハンガリーに魅せられるようになる。ハンガリー語を学び、ハンガリー女性の恋人もできて、自国のブラジルよりも居心地の良さを感じたりする。ブラジルとハンガリーを往復するうちに、自分のアイデンティティーが揺らいでくるのが面白い。結末には驚いた。作者は主人公の行動を批判しているのか、肯定しているのかはっきりしない。この曖昧さも作品の魅力だろう。2018/09/08

かもめ通信

17
作者であるシコ・ブアルキはブラジルの著名なシンガーソングライターであるという。そう聞けばなるほどと思うほどに物語の導入部は音楽的だ。語感に魅せられてハンガリーに惹きつけられたゴーストライターを生業とする主人公はやがて、リオとブダペストの二重生活をおくるようになる。物語にはいくつもの対比が織り込まれていて、まるで合わせ鏡であるかのように向き合っているかとおもえば、ときに重なり合って、次第に境界が曖昧になり、いつしかあれこれが混ざり合う。考えれば考えるほど、漂えば漂うほどに面白い。そんな物語。 2015/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/140588

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。