ナチが愛した二重スパイ―英国諜報員「ジグザグ」の戦争

個数:
  • ポイントキャンペーン

ナチが愛した二重スパイ―英国諜報員「ジグザグ」の戦争

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月11日 16時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 405p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560026427
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0022

内容説明

ロンドン暗黒街の悪党チャップマンは、ナチのスパイ訓練を受けて母国に舞い戻る。しかし英国側スパイの「ジグザグ」に転身し、ドイツを欺くミッションを命じられるが…生か死か、愛か裏切りか、手に汗握るノンフィクション。

目次

オテル・ド・ラ・プラージュ
ジャージー刑務所
戦時の島
ロマンヴィル
ヴィラ・ド・ラ・ブルトニエール
グラウマン博士
暗号解読班
モスキート
見えない眼に監視され
降下
マーサが興奮した夜
収容所020
クレスピーニ・ロード三五番地
なんと華々しい死に方
フリーダとダイアン
アブラカタブラ
冒険が危険であればあるほど
密航者のスパイ
ジョリ・アルベール
しけた花火
氷前線
リッツの若い女
破壊工作コンサルタント
リュテシアでの午餐会
帰還した蕩児の悪党
有地獄
破壊しつつある
工作活動終了

著者等紹介

マッキンタイアー,ベン[マッキンタイアー,ベン][Macintyre,Ben]
1963年、英国生まれ。ノンフィクション・ライター、コラムニスト。『ザ・タイムズ』のワシントン支局長、パリ支局長を務めた。現在までに六冊のノンフィクションを発表し、いずれも高い評価を受けている。『ナチが愛した二重スパイ』は、コスタ賞(旧ウィットブレッド賞)伝記部門最終候補作品に選ばれた

高儀進[タカギススム]
1935年生。早稲田大学大学院修士課程修了。翻訳家。日本文藝家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

第二次大戦末期、ロンドンの悪党チャップマンは、ナチのスパイとなりつつ、二重スパイとしてベルリンに偽情報を送っていた。戦史に秘められた事実を追う。