エセー〈1〉

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

エセー〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月04日 03時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 333p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560025741
  • NDC分類 954
  • Cコード C1010

目次

人は異なる手段で、同じような目的に到達する
悲しみについて
われわれの情念は、われわれの先へと運ばれていく
本当の目的がないときには、魂はその情念を、いつわりの対象に向かってぶちまけること
包囲された砦の司令官は、そこから出て交渉すべきなのか
交渉のときは危険な時間
われわれの行動は、その意図によって判断される
暇であることについて
うそつきについて
口のはやさと口のおそさについて〔ほか〕

著者等紹介

宮下志朗[ミヤシタシロウ]
1947年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。専門はフランス・ルネサンスの文学と社会、書物の言語態(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

masabi

25
【要旨】モンテーニュが日々の思索を綴ったもの。第一分冊。【感想】精神の暴走の目録と言うだけあって話題も「哲学することとは死に方を学ぶこと」という有名なものからEDに関することから多岐にわたる。話題がころころ変わるのが読みにくさを助長しているようにも思えるが、時折鋭い考察が述べられていてふとしたときに読みたくなるかもしれない。習慣についてと子の教育については今でも有用だ。二巻も読むことにする。2017/02/07

ルル

14
モンテーニュからは【社会観察の仕方】のヒントを、そして、訳者からは【日本語表現】の豊かさを学べました。要再読本❗️2019/09/03

吟遊

11
話題がバラバラなのと、古典からの(プルタルコスとセネカがとくに好きらしい)引用がとても多いので、読むのに根気がいる。読み始めて、だんだんと著者のペース、文体に慣れてゆくと楽しくなる。高尚な教育論、徳と哲学について語れば、性的不能、戦場での恐怖についても語るというように、分け隔てがない。大変に謙虚で、自分のなかを探求し、自分のなかに発見を求める、と言いつつも、自分語りをせず、あくまで出来事を例示するところが豊かな知性の一端。原典にした「版」の問題についてはあとがきの方に詳しい。2016/11/14

はなよ

9
現代で例えると、ただの本好きのおっさんが書いているブログ記事みたいなものを、ありがたく読んでいる私は奇妙だなぁと思うんだけど、本当の文学っていうのはこういう「自然と湧き上がってきた言葉」の中から作られるのかもしれない。2017/09/13

ももたろう

8
「哲学することとは、死に方を学ぶこと」の章の感想としては、死を考えることが自由につながる、ということの素晴らしさを学べたのが良かったということに尽きる。この章では、世間一般の死のイメージ(怖いもの、悪いものなど)を払しょくする言葉が随所に見られた。そして、その言葉に説得力がある。世間一般の死に対する捉え方から脱却できるヒントが見つけられると思う。そして、死を考える事で、自由になれると思う。何度も読み返したい名著。<お前が十分に生きたかどうかは、その年数ではなしに、おまえの意志にかかっている >2015/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/504758

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。