ベルグソン全集〈1〉時間と自由 アリストテレスの場所論 (〔2001年〕新)

  • ポイントキャンペーン

ベルグソン全集〈1〉時間と自由 アリストテレスの場所論 (〔2001年〕新)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 342,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784560025154
  • NDC分類 135.4
  • Cコード C1310

目次

時間と自由―意識に直接与えられているものについての試論(心理的諸状態の強さについて;意識の諸状態の多数性について―時続の観念;意識の諸状態の有機化について―自由)
アリストテレスの場所論(アリストテレスは、どのような論証によって場所が真にあるものとして存在することを断定したのであろうか。;アリストテレスによれば、場所について論ずるものはどのような難問に出会うであろうか。;アリストテレスは場所の本性について考察するにあたってどのような順序を守ったのであろうか。;アリストテレスは場所をどのような仕方で物体の質料と形相から区別したのであろうか。;場所は空虚な間隔ではなく、空虚な空間は決して理解されないことを、アリストテレスはどのような理由にもとづいて判断したのであろうか;アリストテレスは弁証法的定義によって場所をどのように想定したのであろうか;アリストテレスの場所の定義は、どのような困難に出会うであろうか;どのようにして困難はとり除かれるであろうか;アリストテレスの場所論の起源、意味はどのようなものであり、彼の形而上学や自然学の学説とどのような関係をもつのであろうか。多くの人々が空間について論じたのに、アリストテレスが場所について論じたのはなぜであろうか)