ヤーコブソン - 現象学的構造主義 (新装復刊)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560024416
  • Cコード C1010

出版社内容情報

哲学と言語学との対話を通してヤーコブソン言語理論のエッセンスを浮き彫りにすると共に、思想史上の興味深いダイナミクスを描き出す。
「ヤコブソンの理論は、一時文学研究にも大きな影響があり、特にメタファーとメトニミーについての考えは、アリストテレス以来の比喩理論を根底から覆すものとして、感銘をうけました。この特異な学者・思想家の背景を理解するうえで、この本から多くのことを教えられました。(塚本利明・専修大学名誉教授)」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちょっかん

0
これも取り敢えず読了。自分の専門領域ではあるが、半分くらいしか理解できなかった。本書は前提知識として、少なくとも現象学と構造主義を知らなければならず、専門用語の多さに苦心した。本書を読んで、ヤーコブソンはソシュールからの構造主義を、現象学の視点を取り入れることで、より一層包括的にしたのだと感じた。またソシュールが言及しなかった文芸・詩についても構造主義的考察をしたことは重要であろう。人類学をはじめ、他分野でのヤーコブソンの影響は計り知れない。2018/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/237626

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。