聞き書 埼玉の食事

個数:

聞き書 埼玉の食事

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年02月21日 10時51分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 355,/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784540910050
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0377

内容説明

この本は、大正の終わりから昭和の初めころの埼玉県の食生活を再現したものです。

目次

秩父山地の食―炭を焼き、柿もたわわな山里に育つ麦と桑
大里・児玉の食―お蚕さんの世話上手、めん打ち上手は女の甲斐性
入間台地の食―乾いた台地に茶の樹の緑、いも掘る里に機の音
北足立台地の食―中山道の町で商い、大地の恵みを食して暮らす
東部低地の食―開田の努力実った湿地帯、稲刈る鎌穂の重み
川越商家の食―蔵造りの街の折目正しい暮らしと小江戸の味
鋳物工場の共同給食―小僧さんたちへの「栄養食」が鋳物の町を支える
武州の風土が育てた伝統の味
人の一生と食べもの
埼玉の食とその背景
埼玉の食 資料

出版社内容情報

「あさまんじゅうに昼うどん」は物日におけるきまりもの。小麦、さつまいも、狭山茶、深谷ねぎ、岡部の大根など自慢の作物もいっぱい。街道のうまいもの、鋳物工場の給食まで収録。