名画・名彫刻の美術解剖学―名作の起伏から内部構造を判別する

個数:
電子版価格 ¥3,960
  • 電書あり

名画・名彫刻の美術解剖学―名作の起伏から内部構造を判別する

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月26日 12時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 352p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784815608897
  • NDC分類 701.5
  • Cコード C0071

出版社内容情報

■体表から内部構造を読み解いて「迷わず正確に」人体を捉えられる!
有名な美術作品は、解剖学的に正確に表現されており、作品写真と筋肉図を見比べると、体表と内部構造の対応関係がわかります。これにより、人体作品の表面から、内部構造を読み解けるようになります。名作には「映える」ヒントがたくさん入っているので、ページをめくって眺めているうちに、目がどんどん肥えてきます。作例をたくさん見て目を養えば、自分の作品でも内部構造を意識できるようになるのです。

■第1部 基本のトポグラフィー図と解剖図
第1部は男性モデルを用いた基本解説です。同じ姿勢のトポグラフィー図と解剖図をなるべく見開きで並べてレイアウトしました。カラフルな色分けは、解剖図の境界がわからない初心者でも、筋の範囲が判別できるようにするためです。解剖図では体表から観察できる浅層の筋を表現しました。欧米では浅層の筋肉図のことをエコルシェといいます。それらのエコルシェ図は、模写しやすいように、3色(①筋の色、②筋の境界部を示す暗めの筋の色、③腱や靱帯の色)+白黒で描いています。

■第2部 名画や名彫刻を「解剖」する
第2部は古典作品の解析です。この章では、美術解剖学にゆかりのある名作の解析と、その作品写真を並べて配置し、起伏との対応関係を見ながら学んでいきます。解説は最低限におさえ、作品解析に必要なトポグラフィー図と解剖図のページを記載しました。名作と呼ばれる作品は、人体の起伏の破綻がほとんど見られません。人体の起伏が表現できれば、鑑賞者の厳しい審美眼や淘汰にも耐えることができるようになります。古典作品(=先行研究)を
引用することのメリットの例を以下に羅列してみます。
1:多くの人が知っている(=鑑賞者と需要が多い)
2:見栄えについてよく検討されている
3:創作意欲が得られる
4:新たな着想が得られる
5:優れた造形や表現を学ぶことができる
美術館や展覧会に行ってくると、創作のアイデアが湧くように、名作を見て創作意欲を刺激していきましょう。優れた表現は、イラスト、漫画、3DCG、どんなジャンルでもきっと力になってくれます。

■第3部 模写で起伏の感覚をつかむための線画集
第1部のトポグラフィー図を鉛筆などの1色で模写するため線画です。これらを模写することで、陰影を描かずとも立体的な起伏を感じる人体を描写できるようになります。

内容説明

有名な美術作品は、解剖学的に正確に表現されており、作品写真と筋肉図を見比べると、体表と内部構造の対応関係がわかります。これにより、人体作品の表面から、内部構造を読み解けるようになります。名作には「映える」ヒントがたくさん入っているので、ページをめくって眺めているうちに、目がどんどん肥えてきます。作例をたくさん見て目を養えば、自分の作品でも内部構造を意識できるようになるのです。

目次

第1部 基本のトポグラフィー図と解剖図(胴体(前面)
胴体(後面)
胴体と腕(外側面) ほか)
第2部 名画や名彫刻を「解剖」する(アゲサンドロス、アテノドロス、ポリュドロス『ラオコーン』;リュシッポス派『休息するヘラクレス』;『ガッディのトルソ(ファウヌスのトルソ)』 ほか)
第3部 模写で起伏の感覚をつかむための線画集(胴体(前面)、胴体(後面)
胴体(外側面)、腕(外側面)
胴体(斜め前面)、胴体(斜め後面) ほか)

著者等紹介

加藤公太[カトウコウタ]
1981年東京都生まれ。美術解剖学者。2008年、東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。2014年、東京藝術大学大学院美術解剖学研究室修了。博士(美術、医学)。順天堂大学解剖学・生体構造科学講座助教、東京藝術大学美術解剖学研究室非常勤講師、京都芸術大学通信教育部イラストレーションコース非常勤講師、大阪芸術大学非常勤講師。「伊豆の美術解剖学者」としてTwitter(フォロワー14.3万人)や各地の講習会で美術解剖学を広く紹介している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

3
基本のトポグラフィー図と解剖図:胴体(前面) 胴体(後面)胴体と腕(外側面) 名画や名彫刻を「解剖」する:アゲサンドロス、アテノドロス、ポリュドロス『ラオコーン』 リュシッポス派『休息するヘラクレス』 『ガッディのトルソ(ファウヌスのトルソ)』 ボリュクレイトス『ドリュフォロス』 エピゴヌス『自害するガラテア人』 アガシアス『ボルケーゼの戦士』 『瀕死のガリア人』 模写で起伏の感覚をつかむための線画集:胴体(前面)、胴体(後面)胴体(外側面)、腕(外側面)胴体(斜め前面)、胴体(斜め後面)2021/11/07

kaz

2
やはり名作は違う。解剖学的に見ても正確だと、やはり説得力がある。図書館の内容紹介は『人体を表現するアーティストのための美術解剖学のテキスト。解剖学的に正確に表現されているミケランジェロやロダンなどの名画・名彫刻の作品写真と筋肉図を見比べながら、体表と内部構造の対応関係を解説する』。 2022/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18309500
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。