シリーズ鳥獣害を考える<br> なぜハクビシン・アライグマは急にふえたの?

個数:

シリーズ鳥獣害を考える
なぜハクビシン・アライグマは急にふえたの?

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A4判/ページ数 39p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784540102646
  • NDC分類 K615
  • Cコード C8745

内容説明

野生の鳥獣とその被害について考える。

目次

ハクビシン・アライグマってどんな動物?(ハクビシンを知る;ハクビシンのおもしろ行動 ほか)
ハクビシン・アライグマはなぜ害獣に?(ハクビシンとアライグマの関係;なぜハクビシン・アライグマがふえたの?)
こんな被害・あんな被害(農作物と生き物の被害;家屋の被害)
わたしたちにできることは?(エサをあたえるようなことをしない;地域を見なおそう ほか)

著者等紹介

古谷益朗[フルヤマスオ]
1958年埼玉県生まれ。埼玉県茶業試験場、川越農林事務所、農産振興課、子ども動物自然公園、東松山農林振興センター勤務を経て、現在、埼玉県農林総合研究センター鳥獣害防除担当部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。