なぜ君は総理大臣になれないのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

なぜ君は総理大臣になれないのか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月27日 23時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 167p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535587649
  • NDC分類 778.7
  • Cコード C0031

出版社内容情報

2020年夏、コロナ禍の中で異例のヒットを記録した一人の国会議員を17年間追い続けたドキュメンタリーのシナリオを完全収録!

内容説明

人間は失敗する。政治家も失敗する。しかし失敗を認めて苦悩する政治家は少ない。より良い社会をつくろうと苦悩する人間は、権力を握れるのだろうか。コロナ禍の只中で異例のヒットを記録した小川淳也の17年を追ったドキュメンタリーそのシナリオを完全収録!

目次

対談 なぜ僕たちは君を総理大臣にできないのか(大島新;井手英策)
採録シナリオ なぜ君は総理大臣になれないのか
特別寄稿(「小川淳也は総理大臣になれない」という常識を覆すために必要なこと(鮫島浩)
なぜ君は選挙に遊びにこないのか(あかたちかこ)
なぜ君は家族総出で選挙を行うのか(畠山理仁)
なぜ私は選挙があまり好きじゃないのか(富永京子))

著者等紹介

大島新[オオシマアラタ]
1969年神奈川県藤沢市生まれ。1995年早稲田大学卒業後、フジテレビ入社。『NONFIX』『ザ・ノンフィクション』などドキュメンタリー番組のディレクターを務める。1999年フジテレビを退社、以後フリーに。MBS『情熱大陸』、NHK『課外授業ようこそ先輩』などテレビ番組多数。2007年、ドキュメンタリー映画『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』(第17回日本映画批評家大賞ドキュメンタリー作品賞)を監督。2009年、映像製作会社ネツゲンを設立。2016年、映画『園子温という生きもの』を監督。プロデュース作品に『ぼけますから、よろしくお願いします。』(2018年、文化庁映画賞 文化・記録映画大賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふう

11
これも『香川1区』の映画を観て。DVDの予約はまだまだ先だが。なるほど野党の混迷のさなか、振り回された感はある。特別寄稿にあるように、数の論理の今の政治の対極にいるような人が、だからこそ必要だなあ、と。2022/03/19

Takuma Fukunaga

6
だいぶ前に購入していたが、読まずにいたもの。映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」の内容を全編書き起こしたものだが、その他にもいくつかの読み物があって、映画を観た人にとってはそちらが読み応えがある。この度、続編映画「香川1区」が公開され、久々に「なぜ君」のDVDを見直したこともあり、今頃、読んでみた。先の衆院選で小川淳也議員が選挙区当選を果たし、その後の代表選を経て党の政調会長になったことを知りながら読むと、さらに「いま」の意味が理解できて面白さが増した。今年の夏の参院選が楽しみになってきた。2022/01/01

みじんこ

4
政治は勝った51がどれだけ残りの49を背負うかである、という考え方はとても共感を覚える。あかたちかこさんの論で、作中で通りすがりの人から罵声を受けた際の「ありがとうございます」と返す意図がようやくわかった。映画も本書全体も、具体的な政策ではなく、こういう政治家もいるという人柄や我が国の政治・選挙についての話がメインになっている。最初の対談で、小川さんは真面目で誠実であるが故に報われないと思う人がいるという話があったが、私もどちらかと言えばそう思う。権力欲で満ちた人の方が出世しやすいのではないだろうか。2021/12/02

みなず

1
映画は観ていないが、一気読み。文字からでも、小川淳也議員の人となりや、ご両親、妻子の想いが、そのまま伝わってくる。鮫島浩氏の特別寄稿がすごくわかりやすくて、国会と総理大臣の仕組みを、今さらながら知る。“「小川淳也は総理大臣になれない」”だろうな、ということも、納得。2022/05/21

Peter-John

0
はじめの対談はおもしろかった。映画の書き起こしもおもしろかった(これは映画をまだ観ていないからか)。 うしろの三つのエッセイはいまいちでした😸2022/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18160681

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。