加害者臨床の可能性―DV・虐待・性暴力被害者に責任をとるために

個数:
  • ポイントキャンペーン

加害者臨床の可能性―DV・虐待・性暴力被害者に責任をとるために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 22時13分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 307p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784535562486
  • NDC分類 367.3

目次

第1章 暴力・虐待について(暴力・虐待の要因について;妨げの理論)
第2章 加害者へのアプローチ(暴力・虐待を認めること;非暴力・非虐待関係への招き入れ;パートナーとの関係における間違った努力についての考察 ほか)
第3章 児童虐待の加害者へのアプローチ(虐待について話をする;責任について考えることへの招き入れ;責任を受け入れるために ほか)

著者紹介

ジェンキンス,アラン[ジェンキンス,アラン] [Jenkins,Alan]
クリニカルサイコロジスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

"加害者本人の責任認識のために、セラピストはいかに加害者の変化を促進できるのか。効果的な質問方法等を提示しながら丁寧に解説。


●加害者臨床の可能性を探る
 ………“Invitation To Responsibility”が提言するもの──信田さよ子


●第1章……暴力・虐待について
はじめに
暴力・虐待の要因について
妨げの理論

●第2章……加害者へのアプローチ
はじめに
暴力・虐待を認めること
非暴力・非虐待関係への招き入れ
パートナーとの関係における間違った努力についての考察
パートナーとの関係崩壊の過程についての考察
自己責任を妨げるものの外在化への招き入れ
妨げに対しての挑戦
新しい行動への準備
新しい行動への促進
新しい行動の発見
家族療法
別離のためのカウンセリング

●第3章……児童虐待の加害者へのアプローチ
はじめに
虐待について話をする
責任について考えることへの招き入れ
責任を受け入れるために
責任を果たすこと?@……虐待に直面すること
責任を果たすこと?A……虐待における意味づけ
責任を果たすこと?B……自己責任の認識を示す
責任を果たすこと?C……再発防止
カップルセラピー
むすび

● 付録
付録1 虐待に直面すること………責任への使命 
付録2 虐待に直面することを助長する………認めること 
付録3 虐待の影響を理解することを促すための質問
付録4 虐待傾向についての理解を促す
付録5 コンテクスト段階における拘束
付録6 謝罪の手紙 

●倫理的になること
 ………促しの実践における新しい展開──アラン・ジェンキンス

●あとがき──高野嘉之





【著者紹介】
クリニカルサイコロジスト