自閉症の関係発達臨床

個数:

自閉症の関係発達臨床

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784535562264
  • NDC分類 493.937

目次

1 「関係発達」について(今、なぜ「関係発達」なのか;関係発達という考え方が導かれるまで ほか)
2 関係発達臨床について(関係発達臨床における基本となる考えについて;自閉症の三大行動特徴をどのように理解するか ほか)
3 関係発達臨床の実際(乳幼児期の「関係のむずかしさ」と見立て;青年期・成人期―特に行動障碍に焦点を当てて)
4 具体的な事例を通して(幼児期(1)人口内耳を装用した幼児にみられる母子コミュニケーション
幼児期(2)同胞葛藤と自傷 ほか)
5 質問にお答えして

著者紹介

小林隆児[コバヤシリュウジ]
1949年米子市に生まれる。九州大学医学部医学科卒業。福岡大学医学部精神科講師、大分大学教育学部助教授を経て、東海大学大学院健康科学研究科教授

鯨岡峻[クジラオカタカシ]
1943年秋田市に生まれる。京都大学文学部哲学科卒業。同大学院文学研究科修士課程修了。島根大学教育学部講師、同助教授、同教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授