• ポイントキャンペーン

司法臨床入門―家裁調査官のアプローチ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535562134
  • NDC分類 327.123

こちらの商品には新版があります。

内容説明

崩壊する家族、キレる少年、虐待される子ども―。司法の現場からの臨床的アプローチ。

目次

1 司法臨床の実際(児童虐待;離婚と子ども;少年非行;高齢者と家族)
2 法と臨床の交差点(司法臨床の場―家庭裁判所;司法臨床家としての家裁調査官)
3 司法臨床の視点(非行臨床の視点―子どもの攻撃性;家族臨床の視点―家と間取り)

著者紹介

広井亮一[ヒロイリョウイチ]
和歌山大学教育学部助教授・臨床心理士。1957年、新潟県生まれ。新潟大学卒業後、1981年より1999年まで家庭裁判所調査官を務める。1999年10月より現職。専門は司法臨床、家族臨床、非行臨床