司法臨床入門―家裁調査官のアプローチ (第2版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

司法臨床入門―家裁調査官のアプローチ (第2版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 12時23分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535563070
  • NDC分類 327.123

内容説明

児童虐待、非行、離婚、高齢者…法と臨床が交差する課題を支援する。現行制度に合わせ好評初版をアップデート。家裁調査官のアプローチをもとに、司法臨床の方法を具体的に解き明かす。

目次

1 司法臨床の実際(児童虐待;離婚と子ども;少年非行;高齢者と家族)
2 法と臨床の交差点(司法臨床の場―家庭裁判所;司法臨床家としての家裁調査官)
3 司法臨床の視点(非行臨床の視点―子どもの攻撃性;家族臨床の視点―家と間取り;司法臨床の理解のために―加害者臨床の問題と課題)

著者紹介

廣井亮一[ヒロイリョウイチ]
立命館大学大学院文学研究科教授、学術博士、臨床心理士。1957年、新潟県生まれ。新潟大学法文学部卒業後、1981年より1999年まで家庭裁判所調査官を務める。以後、和歌山大学助教授、京都女子大学助教授を経て、2008年より現職。専門は、司法臨床、家族臨床、非行臨床。京都府児童相談所業務外部評価委員、日本臨床心理士会司法矯正領域委員などを兼ねる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)