アミティ・「脱暴力」への挑戦―傷ついた自己とエモーショナル・リテラシー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 233p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535561885
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

テロ、戦争、犯罪、虐待、DV、自傷、薬物依存…その根源は、私たち一人ひとりの中にある。過去の被害・加害体験に自ら向き合わせる「アミティ」の理論の実践から、エモーショナル・リテラシーを個人で、社会に育てよう。

目次

第1章 エモーショナル・リテラシーをひらく(閉ざされた感情との出会い―エモーショナル・リテラシーへの道程)
第2章「隠された過去への叫び」を聴く(「子どもを殺してしまう!」おびえがカルトにのめり込む理由でした―播悦子さんのお話を聴く;「どうか正常に戻りますように」私は、少年に気を送りつづけました―山口由美子さんを迎えて;「よい思い出がない」と気づいたとき、薬をやめようと思った。―幸田智恵さんのお話を聴く)
第3章 アミティのエモーショナル・リテラシー(アミティのまなざしとそのプログラム)
講演 更正プログラムにおける治療共同体アプローチ

著者等紹介

坂上香[サカガミカオリ]
1965年生まれ。映像ジャーナリスト。95年に取材でアミティと出会い、衝撃を受ける。以降、アミティ来日企画やアミティを学ぶ会の運営などにも携わる。犯罪の被害・加害、自分らしく生きられる社会、多様な家族のありかたなどをテーマに、ドキュメンタリー番組を制作してきた
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。