社会的共通資本の外部性制御と情報開示―統合報告・認証・監査のインセンティブ分析

個数:

社会的共通資本の外部性制御と情報開示―統合報告・認証・監査のインセンティブ分析

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年02月24日 07時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 282p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784535559103
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C3033

目次

本書の目的と分析視角
第1部 自然資本の外部性制御と企業ディスクロージャー(自然資本会計と統合報告の接合;自然資本等の開示インセンティブ分析)
第2部 社会関係資本のマネジメントとシグナリング(社会関係資本のダークサイドと外部性マネジメント;社会関係資本を活かす「地域社会益法人」認証)
第3部 制度資本の外部性制御への開示規律(金融機関のモラルハザードと信用外部性;粉飾決算と監査の失敗による外部性)
第3部 補章 金融・監査インフラとなるIFRSの留意点(IFRSの不確実性問題;IFRSのボラティリティ問題)
総括と今後の課題

著者等紹介

越智信仁[オチノブヒト]
1961年愛媛県今治市生まれ、日本銀行勤務を経て、2015年から尚美学園大学総合政策学部教授。京都大学博士(経済学)、筑波大学博士(法学)。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、公認会計士試験合格。日本IR学会評議員、グローバル会計学会理事。主な業績として、『持続可能性とイノベーションの統合報告』(日本評論社・2015年、日本公認会計士協会学術賞、日本NPO学会賞)、『IFRS公正価値情報の測定と監査』(国元書房・2012年、日本会計研究学会太田・黒澤賞、日本内部監査協会青木賞)、「IFRS導入と公正価値評価への対応」(国際会計研究学会年報(2010年度)・2011年、国際会計研究学会賞)他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

地球温暖化、コミュニティ衰退、金融危機などグローカルな外部性問題に、ディスクロージャーの開示規律による改善策を提起する。

はしがき

序章 本書の問題意識と分析視角

第1部 自然資本の外部性制御と企業ディスクロージャー
  第1章 自然資本会計と統合報告の接合
  第2章 自然資本等の開示インセンティブ分析

第2部 社会関係資本のマネジメントとシグナリング
  第3章 社会関係資本のダークサイドと外部性マネジメント
  第4章 社会関係資本を活かす「地域社会益法人」認証

第3部 制度資本の外部性制御への開示規律
  第5章 金融機関のモラルハザードと信用外部性
  第6章 粉飾決算と監査の失敗による外部性

第3部 補章 金融・監査インフラとなるIFRSの留意点
  補章1 IFRSの不確実性問題
  補章2 IFRSのボラティリティ問題
  補遺:ケース(1)及び(2)における均衡の導出

終章 総括と今後の課題

越智 信仁[オチ ノブヒト]
著・文・その他