「朝1時間」ですべてが変わるモーニングルーティン

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

「朝1時間」ですべてが変わるモーニングルーティン

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月04日 08時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534057747
  • NDC分類 159
  • Cコード C0030

出版社内容情報

「とにかく毎日時間が足りない」と困っているあなたへ。朝活の決定版!

内容説明

第一人者がたどり着いた最高の朝時間術!30分のタスク分け+30分の未来の「種まき」=1時間で人生をブラッシュアップ。

目次

1 いままでの「早起き」がうまくいかなかった理由(「優先順位づけ」が「早起き」のキモ;「朝1時間」のモーニングルーティンで優先順位を明確にする ほか)
2 「前半30分」で1日のタスクを段取る―パフォーマンスを高める「最強リスト」の作り方(「前半30分」でタスクを「仮決め」する;慣れないうちはネット断ちをする ほか)
3 「後半30分」で夢への「種まき」を進める(こんなとき、どうする?―将来を見越した「種まき」の仕分け方;コントロールできる悩みに注力し「モヤキャリ」を打破 ほか)
Plusα contents 忙しくても「朝1時間」を作る「START UP」の法則(早起きの心がまえ;環境を整える「START UP」の法則)

著者等紹介

池田千恵[イケダチエ]
朝イチ業務改革コンサルタント。二度の大学受験失敗を機に早起きに目覚め、半年の早朝勉強で慶應義塾大学総合政策学部に入学。外食ベンチャー企業、外資系戦略コンサルティング会社を経て、2009年に『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス)を刊行。ベストセラーとなり、「朝活の第一人者」と呼ばれるようになる。夜型から朝型に変えた実体験と多くの人の早起き習慣化を指導した実績をもとに、2010年より朝専用手帳『朝活手帳』をプロデュース。10年連続で発売する人気手帳となる。「朝1時間」の業務改革による生産性向上、働き方改革のための手法を企業に指導しているほか、個人に向けてはキャリアに迷ったとき自分の将来を真面目に楽しく語り、学びたい人向けの朝活コミュニティ「朝キャリ」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おつまみ

41
朝を効果的に過ごすことで仕事の質が変わる。朝の1時間はすごく重要で、本を読んだり、仕事の優先順位を考えるだけでその日の仕事の質が変わってくる。毎日続けることで知識がどんどんついていく。専門職なら単語一つ憶えるだけでも考え方が変わってくる。それは人生で大きい変化になることもある。朝は昔から有効的に使うことが要求されていて、すごく重要となってくる。本を読むのが一番効果的かもしれない。知識の可能性を蒔くことで、知識の吸収率が大きく変わってくるね。2021/04/10

bonbon99

21
朝、重要なタスクを行うことは必須スキルだと私は考えている。朝の仕事が一番効率的に行なうことができる。夜になるとどんどん効率が悪くなり、思考が膨らみやすくなる。本書は、朝、早起きし、行動したい人にうってつけの内容になっている。道具の選び方、ノート、ペン、アプリ、失敗しやすいこと。凡人が陥りやすいことがかなり書かれており、かゆいところに手が届く内容になっている。著者の類型によれば私は、ワーク&プライベート思考とのこと。趣味を広げることが大事。今の趣味を深化・広範化させたい。読書・ランニング・書道など。2021/07/19

冬佳彰

10
朝、就業開始前の一時間をルーティン化し、仕事の効率化や夢の実現をしよう、といった自己啓発本。ふむ、一時期、結構耳にした「朝活」の一種みたいだ(テレワーク時代になって朝活流行ってどうなってんだろうね?)。内容的には、上司や同僚にわずらわされない時間帯に、①前半30分で一日の仕事の段取りをする②後半30分で、自分の夢の種まきをする。短期的、中期的、長期的な段取り、細分化、スケジュールを日々、時間を区切って実施するというテクニックだな。(続く)2021/11/29

せっかちーぬ

9
前から読んでみたかった本。勤務開始1時間前を半分に分け、前半タスク分け、後半種まきに費やす考え方。私、2時間前に起きてるけど、家事で1時間、送り兼出勤で30分、残りの30分でタスク分け、で時間切れ。本当は資格の勉強もしたい。そしてタスクは刈り取りばかり。種まきしたい思いがむくむくと。でも夜の時間が少し楽になったのは、2時間前起床を始めた今年度から。ひとまず前進はしているのだと思うことにする。来年度からはさらに40分早起きしないと間に合わない。そこから始めようかな。2021/01/09

せっかちーぬ

8
あまり間を空けず再読。著者のインスタライブや主催するトークショーを視聴して、おさらいがしたくなったから。私のルーティンは種まきかと思いきや、結構刈り取りだったり、塩漬けだったりしてることに気づいた。ルーティンのままではいかん!もっと創造的な朝にしたい!と思い直す。ライフシフトにもあった、無形資産を築くための何かをしたい。2021/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15466692

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。