武器としての会計思考力―会社の数字をどのように戦略に活用するか?

個数:
電子版価格 ¥1,836
  • 電書あり

武器としての会計思考力―会社の数字をどのように戦略に活用するか?

  • ウェブストアに54冊在庫がございます。(2019年04月21日 08時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 248p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534055323
  • NDC分類 336.9
  • Cコード C0034

内容説明

外資系コンサルティング・ファーム出身の現役ビジネススクール人気講師が、ビジネスの現場ですぐに使える会計思考力を伝授。決算書を読み解く基礎教養から会計を経営課題の解決に結びつける実践ノウハウまでを豊富な実例を交えて解説します。

目次

第1章 会計思考力をつかむための基本―財務諸表を読むときに絶対押さえるべきこと
第2章 ビジネスモデルを読み解く会計思考力―比例縮尺図を使って財務諸表を翻訳する
第3章 課題を発見する会計思考力―指標を使って現状と課題をあぶり出す
第4章 状況判断を間違えないための会計思考力―数字の裏側を読み解く
第5章 会計思考力でKPIを設定する―戦略を実現するための業績評価指標
第6章 会計思考力でKPIを現場に落とし込む―数字を実際に使ってビジネスを動かす方法

著者等紹介

矢部謙介[ヤベケンスケ]
中京大学経営学部・同大学大学院ビジネス・イノベーション研究科教授。専門は経営分析・経営財務。1972年生まれ。慶應義塾大学理工学部卒、同大学大学院経営管理研究科でMBAを、一橋大学大学院商学研究科で博士(商学)を取得。三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)および外資系経営コンサルティングファームのローランド・ベルガーにおいて、大手企業や中小企業を対象に、経営戦略構築、リストラクチャリング、事業部業績評価システムの導入や新規事業の立ち上げ支援といった経営コンサルティング活動に従事する。その後、名古屋商科大学商学部准教授を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

比例縮尺図を用いる決算書の読み方から、会計を戦略に活用する方法までをやさしく教える会計本。