問題解決「脳」のつくり方―なぜ、最高のソリューションが出ないのか?

個数:

問題解決「脳」のつくり方―なぜ、最高のソリューションが出ないのか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月23日 08時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534055095
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0034

内容説明

エリートでも95%が引っかかる落とし穴があった!7つの「思考の落とし穴」を攻略し、「最高の解決策」を生み出す新手法が日本初上陸!

目次

7つの「思考の致命的な欠陥」
第1部 問題解決につながらない―Misleading(結論を出し急いでしまう「飛躍」―Leaping;パターン化された思考にこだわる「固着」―Fixation;かえって物事を複雑にしてしまう「考えすぎ」―Overthinking)
第2部 平凡すぎる―Mediocre(それなりに良い答えで納得してしまう「満足」―Satisficing;できるはずがないと思ってしまう「過小評価」―Downgrading)
第3部 思慮がない―Mindless(外部の意見ややり方を拒絶する「自前主義」―Not Invented Here(NIH)
自分で自分のアイデアを握りつぶしてしまう「自己検閲」―Self‐Censoring)

著者紹介

メイ,マシュー・E.[メイ,マシューE.] [May,Matthew E.]
イノベーション戦略アドバイザー。米国トヨタに8年間勤務し、社内教育機関(ユニバーシティ・オブ・トヨタ)のアドバイザーを務める。現在は、企業の経営幹部や組織のイノベーション戦略構築と創造性向上を支援する。専門は、イノベーションプログラムの設計、ファシリテーション、社内研修

藤島みさ子[フジシマミサコ]
津田塾大学英文科卒、同大学院修士課程修了。高校教諭を経て翻訳業に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

エリートでも95%が引っかかる「思考の落とし穴」があった! 10万人が学ぶ問題解決の新手法。