必要書類の集め方から申請手続きまで これならわかる相続登記

個数:

必要書類の集め方から申請手続きまで これならわかる相続登記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月22日 03時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784534054999
  • NDC分類 324.7
  • Cコード C2032

内容説明

遺産の中でもっとも高価なモノは、不動産ではありませんか!?相続税がかかる人もかからない人も、遺産分割でモメている人もモメていない人も、一番面倒な手続きが不動産です!亡くなった人名義の権利証は紙切れ同然!?不動産の名義をそのままにしていませんか?登記をしないと新しい権利証はもらえません!遺言、遺留分、未成年者、不在者、etc…。さまざまな相続登記に対応!相続人の範囲、遺産分割協議書など相続の基本も解説しました。

目次

第1章 相続登記の基礎の基礎(相続には2種類の手続きがある;法定相続人と相続分 ほか)
第2章 相続登記を実際にやってみよう!(相続登記の進め方;相続登記の流れはこうなっている ほか)
第3章 遺言書から不動産登記を考えてみよう!(遺言がある場合の事例;自筆証書遺言がある場合の相続手続きの方法 ほか)
第4章 相続パターン別相続登記の実務(相続人に未成年者がいる場合と相続放棄;相続人に認知症の人等がいる場合の事例 ほか)
第5章 知っておくべき相続手続きのポイント(相続手続きは4つに分けて考える;4つの相続手続き その1 年金の請求手続き ほか)

著者等紹介

河合星児[カワイセイジ]
平成16年司法書士試験合格、平成17年司法書士登録、現在、法務リンク司法書士法人代表社員。平成26年に相続手続きの幅広いワンストップサービスを提供する団体(一社)LOS相談センターを設立し、代表理事となる。個人としても累計5,000件以上の相続に携わり、年間60回を超える相続に関する各種セミナー講師、企業の社員研修等も幅広く行っている。マイナースポーツの面白さを世に伝えるため、司法書士業務の傍ら、(一社)日本ガバディ協会の理事も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

相続登記の基本から、平成29年5月下旬に導入予定の「法定相続情報証明制度」までを解説。