古代の日本がわかる事典―知れば知るほどおもしろい

個数:

古代の日本がわかる事典―知れば知るほどおもしろい

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月20日 19時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534054883
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0021

内容説明

日本には文明が1万年以上前からあった?!遺跡の発掘や出土品から見えてきた、古代の人びとの暮らしとは?日本各地のおすすめ遺跡も多数紹介!今につながる古代人の足跡を探しに行こう。

目次

第1章 注目を集める日本の古代研究(今、日本の「古代」が注目されている!;日本中で行われている遺跡の発掘 ほか)
第2章 ざっくりつかむ縄文・弥生時代(三内丸山遺跡の6本柱の謎;縄文時代の「農耕」の姿 ほか)
第3章 ざっくりつかむ古墳時代(古墳時代の謎;前方後円墳と大和政権 ほか)
第4章 日本の古代をめぐるさまざまな論点(騎馬民族征服王朝説から見えてくるもの;日本の古代において「王朝交代」はあったのか? ほか)
第5章 古代を堪能できるおすすめスポット(古代をめぐる散歩に出かけよう;三内丸山遺跡 ほか)

著者等紹介

北川隆三郎[キタガワリュウザブロウ]
1953年生まれ。中央大学文学部仏文科卒。出版社、編集プロダクション勤務後、フリーランスの編集者、ライターとなる。1980年代、90年代はサイエンス系、精神世界系を主に取材執筆分野としていた。21世紀になってからは、「日本」への関心が高まり、近現代史から古代史までを、あらためて研究。近年は考古学の最新動向を追うとともに、主に前方後円墳関連の取材を進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

縄文から古墳時代までを中心に、最近の研究で明らかになってきた太古の日本の姿を探る一冊!

北川隆三郎[キタガワリュウザブロウ]