結果を出す人の「飲み方」の流儀69

個数:

結果を出す人の「飲み方」の流儀69

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年04月20日 07時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534054494
  • NDC分類 385.9
  • Cコード C0030

内容説明

数多くの一流の男を見てきた元銀座ナンバーワンホステスが教える。仕事の実力は「酒席の振る舞い方」でわかる。

目次

第1幕 一目置かれる人になる―仕事ができる、できないはパッと見てわかる(酒席という舞台を演出する―リーダーシップを発揮する;「また会いたい」と思わせる―ワクワク感を出す ほか)
第2幕 自らが主役になって舞台を演出する―役に魂を吹き込む(心を込めた“気持ち”の伝え方―出会えた奇跡;安心感を与えられると盛り上がり始める―さりげない気づかいが何より嬉しい ほか)
第3幕 トラブルは、信頼感を生み出すチャンスになる―「トラブル上等!」の心意気(「頼んだ物がなかなか来ないとき」こそ、腕の見せどころ―器の大きさは「受容する力」でわかる;店員の態度が悪いとき―ブレイクスルーする力 ほか)
第4幕 一緒にいて心地いい人、心を開きたくなる人―人の感情があらわになるとき(“どうでも”いい人にならない―毒舌の使い方;中立の立場を保ちながら“相の手”を打つ―現代の諜報戦 ほか)
終幕 「また会いたい」と思わせる―同じ夜は二度と来ない(“退き際”でその日の印象は決まる―楽しみきらない勇気;今日という日の記憶をいっそう輝かせるために―“振り返り”が大事なのは仕事だけではない ほか)

著者等紹介

檀れみ[ダンレミ]
東京都出身。OL、ライター、銀座の某高級クラブのホステスを経て作家に転身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「酒席での振る舞い方で仕事の実力もわかる」と多くの一流の男を見た元銀座トップホステスは語る

檀れみ[ダンレミ]