困ったときの「モノの言い方」言い換え辞典―言い訳・口ごたえに聞こえない

個数:

困ったときの「モノの言い方」言い換え辞典―言い訳・口ごたえに聞こえない

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月21日 03時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 202p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534052025
  • NDC分類 336.47
  • Cコード C0030

内容説明

心から謝罪し、失敗したときに役立つ“窮地を脱する言い訳”。「言いにくいこと」を工夫して伝える、“角を立てない言い訳”。これらを「ふだんの言葉」から引ける辞典です。「言い訳」はビジネスの必須スキル!相手と状況に合わせたフレーズで、困った場面でも信頼関係が保てます。仕事で「やらかしたとき」こそ、きちんとした敬語と表現で切り抜けよう!

目次

第1部 上手な“言い訳”のコツと基本(できる人の「言い訳」のコツ;どう切り返す?社内で使える言い訳)
第2部 窮地を脱する“言い訳”(ミスをしたとき;困った状況を訴えたいとき;日時を守れないとき;質問に答えられないとき;指摘されたとき;電話・メールで困ったとき)
第3部 角を立てない“言い訳”(反論したいとき;依頼・提案を断りたいとき;依頼・相談を持ちかけるとき;相手に注意したいとき;相手を不快にさせたとき)

著者等紹介

村上英記[ムラカミヒデキ]
敬語アドバイザー。東京大学大学院修了(専門は日本語教育)。外国人への日本語教育に長く携わる。これまでの蓄積を活かして、2004年にまぐまぐ!メールマガジン「ビジネスマンのわかりやすい!基礎敬語講座」を開始。多くのビジネスパーソンから絶大な支持を得て、まぐまぐ!の殿堂入りを果たした。著述業、全国各地への講演など幅広く活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。