29歳からの人生戦略ノート

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

29歳からの人生戦略ノート

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534047977
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C0030

内容説明

たった1行書くだけで、「その場しのぎ」から抜け出せる!仕事、昇進、転職、お金、ストレス、プライベート…目の前のことを一所懸命やっているのに、「将来の不安」が消えない20代、30代必読。

目次

1 なぜ、人生には戦略とノートが必要なのか?
2 今と将来のギャップを埋める「人生戦略ノート」
3 たった1行からはじめる「成長日記」
4 自分だけの最強のビジネス書をつくる「虎の巻」
5 不安をかき消す「ストレスノート」
6 これからの5年で飛躍し続ける「人生計画ノート」
7 計画倒れで終わらないための「実行約束ノート」
8 仕事とプライベートが充実する「ビジョン決定ノート」
コンプレックスは時に最高の飛躍のバネになる―あとがきに代えて

著者等紹介

金田博之[カネダヒロユキ]
1975年生まれ。大学卒業後、98年SAPジャパンに入社。入社以来、新人賞受賞、異例の副社長補佐への抜擢をはじめ、SAPジャパン史上最年少の30歳で部長に着任、35歳で営業企画本部本部長に就任するなど「史上初」「史上最速」を代名詞に、グローバル企業の第一線で活躍中。現在は営業企画本部本部長としてSAPジャパン全社の戦略策定を統括する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

がみ

25
自分も20代後半になって、今後の人生をどう生きるか、さしあたっては30代をどう迎えるか悩んでいた時に出会った。自己啓発本とハウツー本のハイブリッドみたいな一冊。 内容としてはノート術やメモ術の枠を越えないが、例えば''PDCAサイクルを「C」から始める''だとか''一日一行できたことを書く「成功日記」を毎日続ける''だとかそういうつい真似したくなるテクニックが書かれており、実践したくなった。 若手から中堅に差しかかり、会社の中で役割や責任が与えられる世代には刺さる部分も多いのではないかと思う。2021/04/23

saki(素色)

20
【将来に漠然とした不安がある、夢や目標、将来のビジョンが描けない人におすすめ】ストレスをノートに書く→ストレス克服パターンをしる→再発時・転職時に活かせる、というのが一番発見だった。ポジティブなことばかり書いた方がいいと思っていたが、書くことで 頭から消し、しばらくして読み返し、どうストレスを克服したかを余白に書く と自分のノウハウを構築できる、とのこと。転職の予定はないが、企業の面接時には ストレスや失敗の克服方法を聞かれることもあるだろうし、部下への接し方も変わるかもしれない。やってみたいと思った。2017/07/27

Tomoyuki Kumaoka

12
著者が29歳前後のときから実践してきたノート術を紹介する本。PDCAサイクルを個人の行動に応用し、そのサイクルをうまく機能させるために、ノートを用いていく。中身は他の書籍で見かけたような内容が多いが、ひとつ有用だと思われることが書いてあったので以下に記す。「成功要因をSTARでまとめる。」"Situation Task Action Result" どんな状況で、何を達成して、どう行動して、どんな結果を得たか。過去の結果だけでなく、なぜそれがうまくいったか、を考えられるようにするためのフレームワークだ。2017/02/22

ゆりか

7
■人生戦略ノート:人生に戦略を持つ必要性●評論家→行動につながりにくい、アウトプットに弱い●計画実行よりも評価改善●成長日記とその他の計2冊■成長日記(評価):1日の成果、次にやりたいこと→次は?と自問自答しながら●楽しい気持ちで取り組める状況の設定●うまくいったことをもとに少しずつ目標を高く●成長日記の成功をもとにSTAR整理→状況任務行動結果●1週間分の成功を見て成功要因を考える→新しい目標願望■虎の巻(改善):成長日記の行動パターン化したいもの●読書後の実行したいことも2016/05/26

ゆきのすけ

6
これこそ私の求めていた本!何度も読み返してコピーをとって、早速ノート作りを始めた。何冊もノートを持つのは重たくていやなのと、まずは気楽に始めることから、というわけで一冊を数ページづつ区切って。しばらくは成功ノートを書くことから習慣づける。今まで時間術やら手帳術やらいろんな本を読んで、モチベーションは高まっても実践するほどでもなく、ただの読み物として読んでは損した気分になっていた。この本はお金出して買ってよかったなぁと思えた貴重な本。写真があるのと具体的に何をどう書いたら良いのかを教えてくれたからかな。2012/02/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2395628

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。