江戸・東京の歴史と地理―江戸の“魅力”がこの一冊で!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534046932
  • NDC分類 210.5
  • Cコード C0025

内容説明

江戸っ子文化と明治以降のゲキテキな変化。驚き!東京の地名・町名・駅名のルーツ。江戸の名残りを愉しむ「街歩きガイド」付き。

目次

第1章 江戸の歴史・文化を知ろう(江戸城を造ったのは、いったい誰か?;人口100万人の江戸は武士の街だった ほか)
第2章 明治以降の東京の歴史を知ろう(いつから、江戸は東京になったのか?;江戸城西丸御殿が天皇の最初の宮殿になった ほか)
第3章 江戸・東京のインフラ・建物を知る(江戸城の遺産が都市改造に使われた;幕府閣僚の公邸が皇居前広場になった ほか)
第4章 現在の東京の地名のルーツを知る(丸の内は江戸城内を表わす名称だった;日本橋は日本橋川界隈の商人町を表わす言葉だった ほか)
第5章 江戸・東京紙上散歩(江戸城散歩;丸の内散歩 ほか)

著者等紹介

安藤優一郎[アンドウユウイチロウ]
1965年生まれ。歴史家。文学博士(早稲田大学)。江戸をテーマとする執筆・講演活動を展開。東京理科大学生涯学習センター、JR東日本大人の休日・ジパング倶楽部「趣味の会」、NHK文化センターの講師などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。