ビジネス特急“こだま”を走らせた男たち

個数:

ビジネス特急“こだま”を走らせた男たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月29日 10時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 254p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784533050114
  • NDC分類 686.21

内容説明

東京‐大阪が日帰り圏に!昭和33年に登場し、東京‐大阪間日帰りの夢を実現したビジネス特急“こだま”。戦後、先進諸外国に負けない電車をつくりあげようと、寝食を忘れて計画・設計・運転・保守に打ち込んだ技術者たちの熱い思いを、豊富な資料、エピソードとともに綴るドキュメント。日本の鉄道を近代化へと導いた立役者、151系電車の開発から引退まで、秘話で綴る一冊。

目次

第1章 鉄道近代化への胎動
第2章 東京‐大阪日帰りの夢
第3章 ビジネス特急の新技術
第4章 上々の前人気と嵐の舞台裏
第5章 “こだま”の爆発的人気とその成功がもたらしたもの
第6章 こだま形電車の成長
第7章 鉄道黄金時代の到来
第8章 新幹線へのバトンタッチ
第9章 その後のこだま形電車
付録 ビジネス特急誕生当時の車両技術

著者紹介

福原俊一[フクハラシュンイチ]
昭和28年(1953)2月東京都に生まれる。武蔵工業大学経営工学科卒業。鉄道友の会会員。幼時より鉄道に関心を抱き、5歳のときにデビューしたこだま形電車に魅せられたのが、国鉄~JR電車発達史の研究をライフワークとする契機となった。鉄道とは全く縁のないエンジニアを本業とする傍ら、ライフワークの研究成果を昭和50年代から鉄道趣味誌に執筆するようになり、国鉄~JR電車の車両研究を主題とした執筆活動を続けている