大予測 次に来るキーテクノロジー2018‐2019

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

大予測 次に来るキーテクノロジー2018‐2019

  • ウェブストアに38冊在庫がございます。(2018年12月15日 10時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 349p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532321949
  • NDC分類 502
  • Cコード C0034

内容説明

「未来予測の専門家」が読み解く!AIはホワイトカラー業務をこなせるのか?自動運転は自動車と社会をどう変えるのか?進化する音声操作、「ボイスファースト」の時代とは?

目次

第1章 人工知能はホワイトカラー業務をこなせるか
第2章 自動運転で激変する自動車業界の未来
第3章 音声操作はインターフェースの覇権を握るか
第4章 チャットボットがウェブの「次の玄関」に
第5章 「ポスト・スマホ」を狙うVR・AR・MR
第6章 バイオメトリクス認証で生活はどう変わるのか
第7章 センシングで実現する究極のおもてなし
第8章 ブロックチェーンが示す中央集権型システムの終焉

著者等紹介

城田真琴[シロタマコト]
野村総合研究所ビジネスIT推進部グループマネージャー/上級研究員。2001年に野村総合研究所に入社後、一貫して先端ITの動向調査と先端ITが社会に与えるインパクト等を調査・研究している。総務省「スマートクラウド研究会」技術WG委員、経済産業省「IT融合フォーラム」パーソナルデータWG委員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

AIは人を代替できるのか。ロボットは人口減社会を救えるか──野村総研のアナリストが先端技術で実現する未来社会を先読みする。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件