企業の真価を問うグローバル・コーポレートガバナンス

個数:

企業の真価を問うグローバル・コーポレートガバナンス

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2016年09月30日 00時17分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532320881
  • NDC分類 335

内容説明

東芝、シャープ、トヨタ、セブン&アイ、そして三菱自工…市場の声に耳を傾けグッドガバナンスを構築した企業だけが競争に勝ち残る!世界が注視、日本のガバナンス改革。

目次

序章 ガバナンスは企業を救う
第1章 改革と迷走の分かれ目
第2章 先駆者たち
第3章 アクティビズムの咆哮
第4章 ガバナンスの新地平
第5章 「アジア」という視座
終章 賢人たちの言葉

著者紹介

小平龍四郎[コダイラリュウシロウ]
日本経済新聞編集委員兼論説委員。1988年、早稲田大学第1文学部卒。同年、日本経済新聞社入社。証券部、欧州総局、経済金融部編集委員を経て、現職。英フィナンシャル・タイムズ(FT)のリーダーチーム(論説委員会)への参加経験も持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

欧米、さらにアジア企業と比べても遅れが目立ち、国際的に取り残される日本のガバナンス改革の現状と課題を第一線記者が徹底追跡。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件