資生堂インパクト―子育てを聖域にしない経営

個数:

資生堂インパクト―子育てを聖域にしない経営

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532320768
  • NDC分類 576.7
  • Cコード C0034

内容説明

「これからは、育児時間勤務者も遅番、休日勤務を検討してもらいます」―2013年11月、全国各地の資生堂の会議室で、衝撃が走った。賛否両論の議論を巻き起こした“資生堂ショック”、資生堂の戦略とは、どんなものだったのか?「職場の不平等感」をなくせ!夕方以降&週末勤務を育児社員に課した“働き方改革”の真意。

目次

序章 「資生堂ショック」
第1章 子育てを聖域にしない
第2章 「マミートラック」の罠
第3章 男性の活躍推進
第4章 経営戦略上のBCの位置づけ
第5章 女性管理職30%への道
第6章 ダイバーシティ経営―魚谷雅彦社長語る
第7章 女性活躍3つの誤解

著者紹介

石塚由紀夫[イシズカユキオ]
日本経済新聞社編集委員/女性面元編集長。1964年新潟県生まれ。早稲田大学卒。1988年日本経済新聞社入社。日本経済新聞では少子高齢化や女性のライフスタイル、企業の人事制度などを主に取材・執筆。2015年法政大学大学院MBA(経営学修士)取得、修士論文のテーマは女性管理職のキャリア意識とその形成要因。同年女性面編集長(日本経済新聞社では男性初)。2016年より編集局経済解説部編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

テレビやネットで注目の経営改革!「甘え」を排し、女性社員を男性並みに戦力化するための戦略と施策を徹底取材した話題の書。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件