ビジュアル解説 IoT入門

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

ビジュアル解説 IoT入門

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 169p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784532320676
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C3034

出版社内容情報

話題のIoTを40項目で完全図解。ものづくりや自動車業界などがどう変わるのか、IoTが変える「業界地図」も掲載します。

内容説明

AI(人口知能)、ブロックチェーンなど、注目のキーワードを網羅しました。ものづくりやサービス業ほか、各業界への影響や企業動向を図解します。IT用語が苦手な方にもわかりやすく「IoTの本質」を説明しました。1項目完結スタイルなので、興味のあるところから読むことができます。

目次

第1章 IoTが変える世界
第2章 IoTを支える先端技術
第3章 ライフスタイルを変える
第4章 ものづくりビジネス改革
第5章 さまざまな業界への広がり
第6章 重要なビジネス・コンセプト

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ギルダーツ

13
IoTに絡んだ仕事をしているため、手にはとってみたが、一般論ばかりで具体的に話が少なくイマイチ感だけが残った。ただ間違いなくIoT、特にスマートスピーカーが普及していくためには、それが生活価値の向上として顧客に認めてもらえないと厳しい。自分もアレクサ使ってますが、頻度は日々少なくなってます。対応機器がまだまだ少ないからかな〜。2018/07/07

スリーピージーン

12
「ユビキタス」という言葉をうまく飲みこめないまま今度は「IoT」かぁ・・・もちろん詳細については理解できないが、ざっくりと世の中はこういうのを目指しているのか~と眺めて感心していた。防災や医療の面では先端技術は絶対必要だ。第三章「ライフスタイルを変える」は身近なのでわかりやすいが、こんなに何もかもつながってて息苦しくないのか?などと斜めにも見てしまう。最近ビッグデータと人工知能で白血病患者が回復をみたというニュースを聞いたので、技術革新を信じたい期待したい気持ちが高じている。 2016/08/16

GASHOW

11
三菱総研の資料をふんだんに利用して解説をしている。これらは、日本の経済政策を決める役割をもつ偉い人たちに見せていたものだろう。分かりにくいことを分かった風な感じにして、「これからの日本に必要なんです」と言われるとそうなのかと思うような内容。新しい用語が散りばめられて、エリートに語られたら頷かないわけには行かない感じ。日本の方向性を決めて多額のお金が動くことを考えると少し怖い。ジャンルの違う新しいことばかりだから、体系的に無理にまとめなくても、それぞれが適切であればそれでいいとも思う。2018/01/17

nekozuki

9
概念的な部分や今後の発展性について広く浅く。実際の開発・運用方法は別途詳細な本が必要。2017/08/05

回天アセロラ

8
見開き完結で右ページに図解があって、帯にも書いてあるとおり、すべてが一目でわかる。 他の本で「あれ?これってなんだっけ?」ってなったものを探す辞書的な使い方をしています。2020/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11092386

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。